« ARIA #2話 | トップページ | Myフェローと »

ウルトラマンMAX #15話

泣いた。 泣けてしまった。「第3番惑星の奇跡」

毎日の残業で疲れた眼に、1週間遅れで見たMAX#15話。

眼の手術が手遅れで盲目になった少女。画家になる夢を断たれても、母親を気遣ってホントは音楽家になりたかったんだと言って、数年後には演奏会が開けるピッコロ奏者にまで成長。(でも、まだ小学生)

そこに突然飛来した謎の白い物体。DASHの攻撃もMAXの攻撃も吸収して、そのまま自分の武器として最強最悪の存在に。
焼き尽くされる街。悲しみと絶望の中で、瓦礫の街から怪獣さんに「音楽好き?」とピッコロを奏きかける少女・・・。

荒ぶる心には荒ぶる心で。慈しむ心には慈しむ心で。
脅威は自分の心を写した鏡。

すべてを従えて組み伏せてきた欧米合理主義だけでは、いつかそのうち・・・。

いやー、語っちまったにゃー。(*^.^*)

脚本だれ?と思って確認したら「NAKA雅MURA」さん。すごい人らしいですね。
監督の三池崇史も評価の高い人みたいです。(よね?^^;)

前作のネクサス(は装備より光学迷彩に予算振ってた)と違って、装備に金かけた分、話に光学迷彩、着ぐるみがチープでアメリカンなMAXで、こんな話が見れるとは。
(ネクサスもそれはそれで暗いトーンが良かった)
炎に包まれる街、見上げる怪獣の巨大感の演出、カメラワークも良好でした。

で、今週は同じコンビで、「突然飛来した謎の黒い物体!その名もタマ、ミケ、クロ!!」
にゃんだかなー。

|

« ARIA #2話 | トップページ | Myフェローと »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「特撮」カテゴリの記事

「特撮:ウルトラマン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143887/6404364

この記事へのトラックバック一覧です: ウルトラマンMAX #15話:

« ARIA #2話 | トップページ | Myフェローと »