« あんびりーばぼー!焼きたてジャぱん | トップページ | GARO(牙狼) #7「銀牙」 »

絶対少年~最終回に寄せて

今更ですが、終わってしまいましたね 『絶対少年』

あちこちで静かに絶賛されているこの作品。(大騒ぎってのは、この作品に似合いませんものね)
毎回録画して見てましたけど、実は、後半途中からは内容がシンドくて、画面だけを追う感じで、うまく見れてませんでした。

キャラデは好きな方だし、前半戦はよかったんですよ。
子供の心が成長しようとする時間。でも、まだ大人にはほど遠い時間。
そんなどっちつかずの不安定な時間を過ごすときに出会う、子供の頃に見た風景。子供の頃の自分。
みんな通ってきたことだけど、子供の頃に見えてたものを見ることができなくなってしまうのは、けっして悲しいことだけじゃなくて、一方では逞しく成長するってこと。
でも、本当に大事なことは見えなくなっても、しっかり覚えているってこと。
そして、不器用ながらも、少年は一つ大人になる。

・・・ってな、ややノスタルジックな、ぽやぽや~って感じで見てたんですけど、舞台が横浜に移った後半では、いきなり現実に突き落とされて、他人に傷つき、傷つけたくないのに他人も自分自身さえも傷つけてしまう、もどかしい時間の中で生きている後半の主要キャラ達のキツさのシーンが続いたもので、、こっちの精神がちょっとついてけなかったのでした。
一つ上の、大人への成長の過程なんでしょうけど、青春の煮詰まりは、ちょっと見てて重かったですね~。
続けて見てる「マ王」とはエラい違いだ。(^^;

ただのファンタジーで終わらせないとこが望月節なんでしょうけど、ヴィヴィッドとかセンシティヴとかいう感性とは程遠い自分としては、昔っからうまく望月節に乗れないことが多いですね。(反省)

世界は、ただそこにある。
世界を映すは自分の内面にある鏡。
・・・ってなとこですか。
(藍華ちゃん[by ARIA]からハズかしいセリフ禁止!って言われそーだ)

あと、番組中にも描かれてたけど、普通って言葉で自分たちをくくって(普通って何でしょーね?)、他人と比べて優越感を持ったり、自分の安定を保ったりしよーとする卑しい心根にならないよーに、注意しないと・・ね。

|

« あんびりーばぼー!焼きたてジャぱん | トップページ | GARO(牙狼) #7「銀牙」 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「アニメ最終回」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。TBありがとうございました。
こちらも早速と思いTBを送ったのですが、
どうも反映されない・・・。と、何度か送っていたのですが、時間差で反映されていたようですね。お手数ですが、削除しておいて下さい。すみません。
最近のNiftyさん、土日はこんな事が多いようですね。
『絶対少年』は、横浜編になって正直辛い回も多かったのですが、最後まであのスタンスを貫き通した点はとても良かったと思います。視聴を続けての、妙な充足感があり、私は大好きな作品です。合う合わないがはっきりしてそうで、人には勧めづらいのが難点ですが。

投稿: せーこ | 2005年11月28日 (月) 00時19分

こんばんは。
はいはい、わかっておりますよ。ホントに最近のココログってのはしょーがないですね。
せっかくサービスで2つもTB来たかと思ったのに。(^^;
ココフラッシュも一度保存した記事に、追加・修正して再保存したら、何回も新着でリストに載るんですよ。たかが誤字・脱字の修正程度で何回もリスト掲載された日にゃ、こっちが恥ずかしい・・・。
『絶対少年』はNHK朝枠にしては独特の雰囲気を持つ作品でしたね。まさか、あっちに持っていくとは。
同枠前作が『学園アリス』で後の時間が『うる星(再)』に『マ王』ですから尚更でした。

投稿: Pao | 2005年11月28日 (月) 01時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143887/7273413

この記事へのトラックバック一覧です: 絶対少年~最終回に寄せて:

» 『絶対少年』第26話「頼りなく暖かな冬の終わり」 [せーこののんべんだらり]
はい、遂に最終回を迎えました。 どの様に感想を書こうかと、色々頭をこねくりまわし [続きを読む]

受信: 2005年11月28日 (月) 00時00分

« あんびりーばぼー!焼きたてジャぱん | トップページ | GARO(牙狼) #7「銀牙」 »