« 05年10月度復習そのに(週後半木~日) | トップページ | 「かりん#7」 & 「SHUFFLE!#22」 »

それぞれの戦い~リリカルなのはA’s#11「聖夜の贈り物」

あー、いい展開です。\(^ ^)/
魔法少女リリカルなのはA’s

ヴォルケンリッター達に続き、フェイトも闇の書に飲み込まれ、一人、闇の書と対峙する”なのは”。

■■ フェイトの戦い ■■

闇の書の中で、眼を覚ましたフェイトは夢のような時間を目にします。
それは、望んでも得られなかったもの。
母であるプレシアと、オリジナルであり姉であるアリシアと、家庭教師兼世話係のリニス、そしてかわいいペット(^^)のアルフと共に過ごす穏やかな時間。
現実ではないとわかっていても、フェイトは優しい時間に涙します。
闇の書の中で夢のような時間に身を委ねるのは容易いこと。
でも、フェイトは現実に戻ることを涙ながらにアリシアに告げます。
フェイトの心を理解し、優しく、そして強くフェイトの背を押し光となるアリシア。
いってらっしゃい・・・

アリシアの想いを受け止め、「バルディッシュ・フルドライブ・ザンバーモード」で己を取り込む闇の書(弱い心)を薙ぎ払うフェイト。決意を込めた眼差し・・・強い子です。

■■ はやての戦い ■■

更に”はやて”は強い子です。
画策された絶望に闇の書を起動させて取り込まれてしまったものの、闇の書の真の悲しみと優しさを自ら受け止め、眠りと夢の誘いを毅然と拒絶します。
せやけど、それはただの夢や・・

そして、闇の書に新たな名(新たな名は新たな力、魂の新生)を与えると約束し、自らは外の”なのは”に防御プログラムと一体となった自分を撃て!と言います。
そうすれば、ダメージを受けた防御プログラムを自分が止めることができると・・・。
闇の書に身体を蝕まれ苦しんでいても、ヴォルケンリッター達への思いやりと、挫けない心をみせてくれた”はやて”。
ほんまに、えぇ子です。

■■ なのはの戦い ■■

一方、”なのは”は外の世界で孤軍奮闘。
フェイトを、”はやて”を、ヴォルケンリッター達を、世界のみんなを救いたいという強い想いを込めて戦い続けます。
そんな”なのは”に応える男気のある(^^)レイジング・ハート
自ら「フルドライブ・エクセリオンモード」起動を要求します。
「Call me!My Master!」
そして、突撃形態ACSによる渾身の「エクセリオンバスターACS」を闇の書に零距離砲撃(!)しますが、眼前に立ちはだかる闇の書に更なる戦いを決意する”なのは”。
そんなとき、闇の書の中から、目覚めた”はやて”の声が・・・。

でも、おばかさんな(^^;)”なのは”は何のことやら瞬時には理解できず、すかざずユーノくんがフォローの指示に入ります。
さっすがユーノくん。わっかりやすい!

■■ そして・・・ ■■

放たれるエクセリオンバスター!
内からはフェイトの疾風迅雷!
闇の書に新の名を与え真の主となった”はやて”の力。

3人の強い想いが収斂し、外の世界に復活するフェイト。自分達の意思と魂を取り戻す”はやて”。
”はやて”と闇の書から切り離されて暴走する防御プログラムを前に、次回の最後の戦いへ続きます。

・・・実際の放送は、3人の状況と想いを交互に描きながら進み、一つに収斂していきます。
構成、うまいです。挿入歌もいいタイミングで入ってきます。

そして、次回予告。
立ち向かうのは、わたしたち管理局チームと。そして・・、そして・・・

ここまできたら、ヴォルケンリッター復活!が王道でしょう。期待してます。

|

« 05年10月度復習そのに(週後半木~日) | トップページ | 「かりん#7」 & 「SHUFFLE!#22」 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「アニメ:魔法少女リリカルなのはA's」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143887/7645005

この記事へのトラックバック一覧です: それぞれの戦い~リリカルなのはA’s#11「聖夜の贈り物」:

» 感想:魔法少女リリカルなのはA's #11 『聖夜の贈り物』 [ダメオタRの徒然雑記]
 終わり無き悲劇に涙す魔導書は、かけがえ無き主から大切な贈り物を貰う。それは魔導書が己を失くして以来、ずっと求め続けてきたもの。求めながら決して与えられることのなかったもの。聖なる夜の贈り物は、永遠の闇を晴らす一筋の光となる── [続きを読む]

受信: 2005年12月16日 (金) 16時26分

« 05年10月度復習そのに(週後半木~日) | トップページ | 「かりん#7」 & 「SHUFFLE!#22」 »