« ローゼンメイデン・トロイメント #5~#7 中盤を振り返って・そのいち | トップページ | 時穴より出づる~蟲師 #17「虚繭取り」 »

ローゼンメイデン・トロイメント #8~#10 中盤を振り返って・そのに

続けて中盤編そのに。
それぞれの哀しい想いを巻き込んで、物語は佳境に向けて動いていきます。

■ #8「人形師」

08megu 水銀燈の佇む夜の教会に訪れたメグが、両親から自分たちの代わりの病院での付き添いを雇っていいかと言われたことを、親に捨てられた子供のように告げるシーンから始まる#8話。
両親が申し訳なさそうな顔をしていることを、壊れた身体を持って生まれてきた自分が全部悪いというメグのセリフは心に痛いです。

人間にとって何が完全で、何が不完全なのか。

だからこそ、水銀燈の「生まれたときからジャンクの子なんていない」と言う心の動きが光るのですが、口には出さねども、メグの命のことを思うその水銀燈の揺らぎが、「ローザミステカの力さえあれば助かる」という薔薇水晶の言葉に惑わされることになってしまいます。
が、それは次回のお話で。

今回のメインはローゼンお父様のことを想い、その想いに応えようとする蒼星石や、ローゼンメイデンのレーゾンデートルに関するところ。

08hina01 08hina02 すっかり桜田家に馴染んだ金糸雀を加えて、雛苺と金糸雀のスイカ早食い競争に始まって、みんなでTVの「くんくん劇場」を鑑賞するなど、楽しく穏やかな時間を過ごす真紅たち。

しかし、そんな中、鏡の向こうにローゼン”お父様”の姿を見た蒼星石は、”お父様”を捜すうちに、完全なアリスが見つからないと悲しみ嘆くお父様の幻影を見て、お父様の望む完全なアリスを目指すことを真紅たちに告げます。
それは、薔薇水晶の策略であるのですが、お父様のことを思う蒼星石の気持ちは、真っ直ぐに、お父様のことだけを見てしまったが故に、完全に真紅たちから離反することになってしまいます。
08sou01
翠星石の涙ながらの訴えや、

「どうして仲のいい姉妹で戦うんだ。」
「究極の少女になって何の意味があるんだ。」
08jun01 「お前達の」どこがダメなんだ。何が不満なんだ。」

というジュンの問いかけにも、ただ

08sou02「ボクたちは完璧を求められたドールだ・・・アリスを目指して、とどかなかった。」

という言葉を残して鏡の中に姿を消す蒼星石。

自分が生み出した物=人形に注ぐ愛情に関するドールショップでの槐とジュンの会話といい、自分たちを生み出してくれたローゼンへの想いをジュンに語る真紅といい、今回はかなりテーマに関わる展開を見せています。

そして、人形のみならず、究極の少女=アリスの存在を通して、人間の存在に関する問いかけをも感じさせてくれます。
アリスになれなかった真紅たちローゼンメイデンは、ジュンたちと出会い、より良い自我を得て成長し、個性を獲得していきます。
それは、不完全な部分はあったとしても、互いを思いやりながら、それを乗り越えて強く生きようとする魂そのもの。
だからこそ、その姿は美しいのに・・・。

なんか、ジュンの叫びは、石ノ森章太郎「原作版キカイダー」を思い出してしまいました。
完全な良心回路を求めて、完全な人間となることを求めたジローが行き着いた先は、不完全な魂を持った人間そのもの。
だから、良心の呵責を感じながらも、平気で同族殺しができるし、逆に不完全な痛む心を抱えながらも、永遠に掴みえぬ完全な魂を求めて高みを目指し続けることが、人間として生きること。
人間になったピノキオは幸せだったのでしょうか・・・?
というラストはメッセージ性がありましたね。

はたして、究極の少女=アリスとなったローゼンメイデンは幸せになれるのでしょうか。


■ #9「戒」

放送では、ラスト1か月。
今回からラス前まで毎回胸の痛い展開と泣きの回です。(T_T)

09hina01 皆と袂を分かった蒼星石のことを思い悲しみにくれる翠星石。
そんな翠星石を思って、思わず泣いちゃう雛苺と金糸雀のお子ちゃまコンビ。(^^;
うんうん、ええ子たちやね~。

09hina02 そして、落込んでばかりではいけないと、TVでやってた流しそうめんで翠星石を元気づけようとしますが、クッキーに飴玉に玉子焼きを流そうとする雛苺と金糸雀。
何でも流しゃいーってもんでも!?(笑)

09soumen それにしても、ペットボトル利用の流しそうめんって、お庭で簡単にやれますね。
試してみたくなるかも。

みんなの思いやりと、それを諭す真紅の言葉に心やすらぐ翠星石ですが、この優しいふれあいがあるからこそ、今回のラスト、次回、次々回と悲しい展開が涙を誘います。

一方、蒼星石は薔薇水晶の話しに乗ったわけでないと、一人で戦うことを薔薇水晶と水銀燈に宣言しますが、水銀燈は確実に勝てる手段として薔薇水晶と手を組み利用することに。
薔薇水晶の思惑は、まだ全て見えませんが・・・。

そして、夜更けに水銀燈と薔薇水晶により、nのフィールドに誘われる真紅、雛苺、翠星石・・・あれ?金糸雀がいないや。(笑)
夜だから、”みっちゃん”のとこに帰ってたのね。

と、事態は余裕のある状況ではなく、戦わないことが私の戦いと、アリスゲームを拒む真紅に否応なく戦いを仕掛ける水銀燈と薔薇水晶。

09sou01 厳しい戦いの中、翠星石に迫る水銀燈の前に立ちふさがったのは蒼星石!
しかし、水銀燈の力の前に劣勢になる蒼星石を助けて一緒に逃げる翠星石は

09sui01 「蒼星石の鋏は人の心を守るためにあるのです!」

と、これ以上戦うなら自分を倒してから行けと蒼星石に決断を迫ります(桑谷夏子の演技が胸に迫りますが、これはパターンかな~)が、蒼星石は翠星石に刃を向ける振りをして、翠星石が怯んだ隙に再び水銀燈に向かっていきます。
お父様への想いを大事にしながらも、翠星石の言葉に打たれた表情といい、本当には翠星石を刃にかけなかったことといい、ひょっとしたら蒼星石が最後まで勝ち残っても、最後は翠星石にローザミステカを全て与えて、お父様の想いも、姉の翠星石への想いも叶えようとしたかもしれませんね。

しかし、そんな優しい心を持つ翠星石が戦いでは非情な水銀燈に敵うはずもなく、倒された蒼星石の身体から浮かび上がるローザミステカ・・・というところで次回に続きます。
倒された蒼星石を抱きかかえて、「一緒に帰るですよ蒼星石!」という翠星石に
09sou02 「・・・一緒に?」

と問いかけで応える蒼星石の一言に全ての想いが込められているようです。、

ところで、ローゼンメイデンの力ってミーディアムに左右されるんじゃなかったっけ?
メグちゃん大丈夫だったのかな。(^^;


■ #10「巴」

09sou03 蒼星石の身体から現れたローザミステカは、必死に手を伸ばした翠星石の手をかすめて水銀燈に奪われてしまいます。
そして、その力を手にした水銀燈は、病院に取って返し、メグの指輪に力を注ぎます。
キャラとしてはすっかりヒールですが、自分の信じるもののためには何者にも負けない強さと信念を持つところが魅力でしょうか。

一方、倒された蒼星石の身体を桜田家に連れ帰った翠星石たちは、その身体を布団に寝かせ、別れを済ませて、蒼星石を今一瞬の眠りにつけるために、トランクの中に休ませて、沈痛な面持ちで、その蓋を閉じます。
この一連のシーンは本当に逝った人を見送るようです。
亡くなった人の安らかな顔は、本当に眠っているようなんですよ。
見送る者としては、魂の安息を願いながらも、その頬に再び紅が差すことを望みたくなるような・・・。
すいません、ちょっと感傷的になりました。(T_T)

10sou02 10sou0310sou04 




そして、雛苺の身体にも異変が。

倒れて眠る雛苺の枕元で、真紅がジュンに語るには、既に登場回で真紅に敗れていたのにもかかわらず、真紅を通してジュンの力を使っていたのが、蒼星石のローザミステカが奪われたことで、アリスゲームのバランスが崩れたため、これ以上、ジュンの力が届かなくなったと。
そして、雛苺の中に今ある力を全て使い切ったときが、動かなくなるときと。

この後の展開は涙でうまく語ることができません、
余命を宣告された者を見守る家族の気持ちを見るようです。
目覚めた雛苺を心配する真紅とジュンに心配かけまいと元気に振舞う雛苺。
雛苺の最後の想い出にと、巴の家に雛苺を連れて行くジュン。
最初は恐くて嫌いだったジュンに大事なクレヨンの1本をあげる雛苺。
雛苺と過ごした時間を想い出す巴。
10hina01 10hina04 10hina03 10hina05




そして、力が尽きて動きづらくなった雛苺の髪を優しく梳かす巴。
自分の時が止まることを知りながら、自分のために泣いてくれる巴を、最期のときまで逆に気遣う雛苺。
10hina07 10hina08 10hina09





今回は、実際に家族を亡くした者にとっては、泣きを狙われているとは判っていても、子供キャラの雛苺に健気な演技をさせるものだから、つい実際の感情を揺さぶられてしまいます。(T_T)

そして、眠りについた雛苺のローザミステカが真紅の手に渡るとともに、全ての黒幕のいるドールショップへ誘われる真紅、翠星石、金糸雀。
10rozen そこに現れるのは、薔薇水晶と白崎の姿をしていたラプラスの魔。そして槐=ローゼン!
物語は、次回ますます非常さを増していきますが、#11話はほぼバトルシーンなので(翠星石と金糸雀の悲劇もありますが)、時間がなければ今週末の最終回と合わせて最後のまとめ感想で上げてみたいと思います。

|

« ローゼンメイデン・トロイメント #5~#7 中盤を振り返って・そのいち | トップページ | 時穴より出づる~蟲師 #17「虚繭取り」 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「アニメ:ローゼンメイデン・トロイメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143887/8871620

この記事へのトラックバック一覧です: ローゼンメイデン・トロイメント #8~#10 中盤を振り返って・そのに:

« ローゼンメイデン・トロイメント #5~#7 中盤を振り返って・そのいち | トップページ | 時穴より出づる~蟲師 #17「虚繭取り」 »