« ローゼンメイデン・トロイメント #8~#10 中盤を振り返って・そのに | トップページ | 落語天女おゆい 第八席「恋の行方ふたたび 江戸湾大決戦!」 »

時穴より出づる~蟲師 #17「虚繭取り」

蟲師は如何にして伝うるを得るか。

17mayu01 今回のネタは蟲師ネットワークのヒ・ミ・ツ。(^^;

通信手段がそれほど発達していない時代設定で、蟲師たちがどのようにして連絡を取り合っているかが良くわかる一本。

17tama 17uro 17uro02




その仕組みは、二匹の蛹の二本の糸で作られた一つの玉繭をバラして、一本ずつで二つの繭に作り直すことで、中に閉じ込められた蟲がその繭の間しか行き来できなくなることを利用するもの。
片方の繭に文を入れておくと、行き来する蟲がもう片方の繭に一緒に持ってってくれるというものですが、繭から繭へ空間に虚穴(うろあな)を広げて移動する、この空間次元転移を利用した方法は、まさにワームホールを地でいく蟲たち。(大笑)

大袈裟に言えば、片方がブラックホールで、事象の地平を越えて、もう片方のホワイトホールに吐き出すみたいなものですか。
虚数空間
 か ディラックの海 でも泳ぎまくってるのかな。(^^

虚(ウロ)さん、虚ろなるモノとは、よく名づけたものです。
作者のセンスの良さが光ります。

17ito00 17ito01 まぁ、今回の話の柱は、蟲の正体、ネタばらしではなく、子供の頃の己の過失で双子の姉を蟲による虚穴に取り込まれ失くしてしまった少女”綺(あや)”の心の救済な のですが、蟲のことは既にわかっているし、ギンコも手が出ないほどの蟲の性質のため、ただ心に深く己を責め続けることを少女に止めさせることしかで きない というものです。
17ito03 従って、物語性は薄く、過去からの状況が17ito02淡々と語られるだけなので、かなりあっさり感があります。

これが、玉繭から生み出される二つの繭、双子、対なるもの、

というキーワードで、己の半身を求め愛とおしむものではなく、逆に相似が故に対なるものを疎み、心の闇を蟲に取り込まれ、己が半身を己が魂とともに永遠に失くしてしまうとかいう話であったれば、もっと暗く、ドラマ的であったかもしれません。
教訓的ではあっても、まったく救いがありませんが。(^^;

17twin01 17twin02 双子で互いが互いを思いやり、愛とおしめば愛とおしむほどに、失くしてしまった半身を求め焦がれ、自分を責め続ける。
その心の闇が自分を飲み込むほどに、穿つ穴が手遅れになる前に、

17aya 「お前が手を尽くしても追いつくものじゃない。」
「お前の中の、でっかい空洞の口は塞げ・・戻ってこれなくなる前に・・・。」

と、残酷な事実を沈痛な面持ちでギンコが綺に宣告するのは、まだ救えるべき生者の魂を迷わせないためためでしょう。
亡くなった者のことばかりを追いかけるのは、生に背を向けて、両の手で目を塞いだまま暗闇の中で死を追うようなものですし。

ギンコと綺が巡る巨大な虚穴は、胎内巡りの産道を思わせます。
虚穴を通って再び外界に出るのは、時間と空間を越えるときに、入るときに抱えていたものを全て浄化し、魂の再生とともに再び産まれ出づることとも取れます。
だから、虚穴に長居してしまうと、現世の煩悩や穢れとともに記憶を全て失ったりもするのでしょうか。

母親の胎内に生まれた生命は、暖かな羊水の中で、長い長い進化の時間を経て、卵子から人の肉体を得て、産道を通って生まれ出ます。
そして、生まれ出づる瞬間に、それまでの記憶をなくし、哀しみに満ちた現世といえども、世界に生まれ出た喜びに歓喜の声を上げるのではないでしょうか。

今回は物語性は薄いといえども、空間次元転移のネタや時間(とき)の産道を通っての再生など、SFの香りがすごくします。
ただ、うまくオチに繋がらなかったのが、その点は、発想と物語の構成が難しかったのかなと思います。
17ito 綺の姉の緒(いと)が、虚穴に取り込まれたままの姿で、数年後に再びこの世に現れ出でることになるきっかけが、綺がギンコと共に虚穴に入り、ある事を為した事であったという伏線が張れて、それとうまく繋がる構成になれば、最後に「にゃるほろ!」と感心できたかもしれません。(^^

単純に考えれば、神隠しで再び戻ってきたら、元の世界は何年も時が過ぎていたというとこでしょうが。
なにせ、蟲の時間は人の時間と流れが違うそうですから、蟲が作った虚穴の中は、それこそ蟲と同じ時間の流れなのかもしれませんね。
000.
・・・というところで、全26話中、ほぼ2/3が終わりましたが、たまたま月刊アフタヌーン4月号を見たところ、#20話で監督が絶対自分でやると言っていた淡幽お嬢様の「筆の海」ですが、TV放映はこれで終わり?!
残りの6話はDVD発売のみって、そんな売り方はないでしょー!?
確かに作品レベルは高いから売れるでしょうけど、無料の地上波放送で、あれだけの作品を放送することに価値があるんですよ!
エイベックスの戦略か、フジTVの謀略か、はたまた制作が押してしまったのか、元からスケジュールがそんなだったのか。
何にしろ、#20話でTVが終わったら、#21話のDVDが発売されるまで半年も待たされるじゃないですか・・・。( iдi )

|

« ローゼンメイデン・トロイメント #8~#10 中盤を振り返って・そのに | トップページ | 落語天女おゆい 第八席「恋の行方ふたたび 江戸湾大決戦!」 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「アニメ:蟲師」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143887/8902798

この記事へのトラックバック一覧です: 時穴より出づる~蟲師 #17「虚繭取り」:

» 蟲師 [オタク生活を晒すブログ]
「蟲師」のキーワードがテクノラティでピックアップされてたので わからない方にこの場で紹介でもしましょうか。 蟲師の公式ページにて・・・ ここでの蟲とは動物でも植物でもない、微生物や菌類とも違う、もっと命の原生体に近いモノ達。それらを総じて「蟲」と呼ぶ。それ..... [続きを読む]

受信: 2006年3月13日 (月) 21時37分

» レビュー・評価:蟲師/第17話「虚繭取り」 [ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン]
品質評価 31 / 萌え評価 9 / 燃え評価 0 / ギャグ評価 2 / シリアス評価 19 / お色気評価 4 / 総合評価 12レビュー数 41 件 現世には数知れぬ洞が―“虚穴”が開いている。足を踏み入れし者は回帰を願いつつも記憶を失くし、心を喪くし、彷徨うばかり―。... [続きを読む]

受信: 2007年9月21日 (金) 06時39分

« ローゼンメイデン・トロイメント #8~#10 中盤を振り返って・そのに | トップページ | 落語天女おゆい 第八席「恋の行方ふたたび 江戸湾大決戦!」 »