« 落語天女おゆい 第八席「恋の行方ふたたび 江戸湾大決戦!」 | トップページ | しにがみのバラッド。 #1「きみのこえ。」 »

永久アリス輪舞曲 #8「Croquet-Ground」 & #9「TURTLE'S STORY」

毎度のごとく定期的に書く時間がないので2話セットでいきます。(^^;

■ #8「Croquet-Ground」

08kiraha01前回ラストで、お兄ちゃんのことを少しふっきったよーだった”きらは”ちゃんですが、やはり人の心はそう簡単にはいかないもの。
今宵見るは夢の中でのお兄ちゃんとの禁断の恋.。
それは求めてはいけないもの、許されるはずのないこと・・・夢から目覚めた”きらは”は我が想いに涙します。

08kiraha02 08kiraha03 08kiraha04 08kiraha06




と、それは新たなアリス能力者”アスカ”が見せる人の心の奥に潜む欲望とも言える願望を暴きだしたものなのですが・・・。全国のお兄ちゃん属性の人には、たまりまへんでしょうね。(^^;

しっかし、今回は見事にインモラルな香りプンプンです。
08kirakisa01 08kirakisa02 冒頭の”きらは”の夢といい、有人への想いを無理やり忘れようとキサちゃん家にお泊りに行って、二人でふざけ合う百合っぷりといい、今週のもう一人のアリス能力者”ミカ”の隠された物語といい。

”きらは”ちゃんに有人の当て馬にされたキサちゃんは、、ちょっと可哀相かも。
まぁ、この娘だったら、わかってても喜ぶからいーか。(^^

08mika01 一方、ミカのデザインのモチーフは、見てのとおり赤ずきん
幼い頃のミカは一緒に遊んでくれるお兄ちゃん(おじさん?パパ?・・・ますますヤバイ ^^;)のことを信じきって、ブランコで一緒に遊んでいたところを、

08mika02 08mika03
「もっと楽しいことをしようか」

と誘われて・・・悪い男のオオカミに喰われちゃったのね。パックン。
08mika04 08mika05(それは、時節柄まずかろー)



現実に受けた子供の頃の心のキズが、それを庇う心の物語を生み、アリス能力をもたらしていたため、物語を失うと同時に、それまで抱えていた心の痛みも消えることになりますが、それは同時に心も失うこと。
08mika06
まるで心がからっぽになったみたい・・・

と言うミカは、まるで魂の抜け殻、心のない人形のような表情です。
その一連を見ていた”きらは”ちゃんは、自分の醜い心から解放されるためには、自分の物語をアスカに奪わせれば・・・と、一人深夜の図書館に。

そこを、身を挺して救ってくれた有人。

(兄としては)きらはの気持ちには応えられない・・・でも、誰よりも大切に思っている。
08kiraha07 08ari03 08ari04





有人のその優しい想いが込められた言葉に、妹としての自分に、ただ涙するしかない”きらは”。
人を想い恋うる心は大切ですが、黙って忍ぶ恋もありますよね。
そのような想いが人を成長させてくれると思います。やがて、大きく広く包み込むような愛に変わるまで・・・。

しかし、てっきり物語後半はタキオンの手先として、リデルさんが絡んでくるかと思いましたが、別のヒールを配置しましたか。

【 今週の1枚+1枚 】
08kisa01 きらはちゃんの食べたとこ、一際おいしそうですの~。
間接キスですの~。

・・・こらこら。(^^;

08kisa02 お兄ちゃんのことを思って食欲のない”きらは”ちゃんが、一口食べた自分のパフェを勧めたところに、キサちゃんの妄想独り言。
しかし、そこをキリカ先輩に先に頂戴されて怒りの炎メラメラ。(笑)


■ #9「TURTLE'S STORY」

すっかり、悪役で登場したアスカの今回のターゲットはキリカ先輩。
キリカ先輩のアリス姿が子供なのは、幼年期の何かが原因だと#3話の初登場の際に自分で言ってましたが、その理由が今回明らかに。

事故死した両親から英才教育を受けていたキリカ先輩は、子供の頃から飛び級で大学に入るほど優秀でしたが、それゆえに同年代の友達もなく、愛想笑いもしない子供は周囲からも避けられる存在。
09rolina 一人で過ごすそんな日々に現れたのは、同じアリス能力者、メルヴェイユスペースへの鍵を持ったロリーナ。

他人とは違う、同じ秘密の能力を持った者どうしが仲良くなるのは時間がかからないもの。
幼い魂の二人だけの時間を共有する日々が過ぎてゆきます。

まぁ、なんでキリカ先輩が既に子供の頃から、アリス能力者だったのかという疑問は残りますが、心の物語のキーワードは心の傷、隠された想いのようなので、 やはり疎んじていた両親とはいえ、事故で一度に亡くしたことは、表には出なくとも、子供にはかなりの傷だったとゆーことでしょうか。

さて、そんなある日、教会でかくれんぼをしていた二人ですが、鬼役だったキリカ先輩は、ロリーナが隠れていた棺のふたを、ほんのちょっとしたイタズラ心で閉じてしまいます。
09ba しかし、あわてて泣きだすロリーナを見たら、すぐに開けるつもりだったところが、そのとき教会に入ってきた数人の男達によって運び出された棺は、そのまま火葬場の中へ。
09kirika01にまかれる狭くて暗い棺の中に入ったままのロリーナは・・・。

09ba2
って、前回のインモラルなネタに続き、今回は間接的とはいえ大切な人を焼き殺した(!)、犯した罪の贖罪ネタで、さすがにそれはまずかろーという、重 い過去かと思ったら、実は棺が火葬場に入れられる前に、ロリーナは棺の中に気づいた大人たちから助けられていたということでした。(^^;
だいたい、祭壇の前に置かれている棺の中に隠れるということは、中は空だったということで、本当の葬儀の際に分かるでしょうが、火葬場の前で助けられていたということは、何かのセレモニーで使ったものを焼却しようとしてたのかな?
ただのコンテ失敗かもしれませんが。(笑)

09lolina02 それでも、一歩間違えばかけがのない大事な友達を殺してしまうところだったということと、そのためにロリーナに友達であることを否定された精神的ショックは、キリカ先輩の中でロリーナの存在を死んだものとして消してしまいます。
09kirika02それが、死んでもいない、墓もないロリーナの毎年の命日に花を供えるという行為をキリカ先輩に続けさせることに・・・。

そんな心の奥に秘めていた闇をアスカに突かれたキリカ先輩は物語を奪われてしまい、自分の心を誤魔化していた罰、子供の頃に負った傷からの逃避を止める頃合だと自分を納得させようとしますが、有人は
09photo02
それは逃避じゃない。自分の心を救うための物語だったんだ!

とキリカ先輩に告げます。
自分の心に正面から向き合う強さは必要ですが、傷ついた心を癒す時間は必要でしょう。

09alice01 そして、今回、アスカの技が効かなかった”ありす”には、過去の記憶がないことが判明します。
とゆーことは、永遠の少女=アリスとして作られた存在、ホムンクルスとか?
または、物語の中の少女が実体化した存在とか。
本当の魂を得るためには、人間として傷つくのが当たり前の、少女達の心の物語を、哀しみを、そしてその先にある喜びを得るための本集めでしょうか。
言えば、いろんな人たちの経験値をまとめて一つの人格を作り上げるってとこかな。
残り4話で、どう落とし前つけてくれますかね。

【 今週の1枚 】
09alice 今週のアリス能力者”トウコ”・・・能登ですよ、能登。
なんちゅーか、声で一発でわかっちゃいますね。
でも、チョイ役、やられ役。(^^;

|

« 落語天女おゆい 第八席「恋の行方ふたたび 江戸湾大決戦!」 | トップページ | しにがみのバラッド。 #1「きみのこえ。」 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「アニメ:永久アリス輪舞曲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143887/8933414

この記事へのトラックバック一覧です: 永久アリス輪舞曲 #8「Croquet-Ground」 & #9「TURTLE'S STORY」:

« 落語天女おゆい 第八席「恋の行方ふたたび 江戸湾大決戦!」 | トップページ | しにがみのバラッド。 #1「きみのこえ。」 »