« びんちょうタン#1回「春のお目ざめびん」「お仕事げっとびん」 | トップページ | と、ゆーことで »

永久アリス輪舞曲 #10「The Quadrille」 & #11「Tarts」

大方の予想どおり、過去の記憶のない”ありす”の正体は、物語の中の少女。
しかし、その原因は有人が心の奥底に沈め隠した、ある想いによるもの。
そこに絡んでくるタキオンの画策・・・と、思いきや、裏切りの態を見せるリデル。

と、ややとーとつながら、劇的な展開になだれ込む2話。


■ #10「The Quadrille」

”ありす”の正体は、有人が書き綴っていた「終わらないアリス」の中の少女。

自分の記憶のないことに不安を感じていた”ありす”は、その事実をアスカに囁かれ、自分の願いを叶えるために”きらは”の物語を奪うことを決意することに。

10alice03 それは、有人が本当に好きだったのは”きらは”で、”ありす”はその想いを諦めるために作られた物語の中の代用品であったから。
そんな”ありす”の願いは、有人に愛される本当の存在として、現実に居続けること。

10ari03 その隠し続けた妹への気持ちを暴かれ、”ありす”から自分を選ぶか、”きらは”を選ぶかの選択を突きつけられた有人は動揺し、自我を失う一歩手前のような状態に。
まぁ、妹萌へぐらいなら許されるけど、邪な感情を抱いていたら問題ですからねぇ。
でも、やりたい盛りの思春期の少年なら、少しぐらいの妄想なら許されるか・・・ダメですか?!(^^;

それはともかく、今更そんなこと暴露されても、それでは先週までの”きらは”ちゃんの切ない想いは、どーすればいーの?
ということにはならずに、”きらは”ちゃんの方は、愛情は愛情、お兄ちゃんはお兄ちゃんと、心は強く立ち直っているようで、この展開にも心惑わされません。
むしろ煽ってるのは、”きらは”ちゃんへの報われない想いを抱えたキサちゃんの方。(^^;

10alice04 で、問題は優柔不断に決断できない有人の方で、”ありす”を選ぶ一言を言えないばかりに、この世に留まる意味を失くした”ありす”は自分から現実世界から姿を消していくことに。

10alice05 しかし、そのときタキオンの声とともに、BOOK型をした透明な棺に閉じ込められた”ありす”の姿が・・・。
で、次回に続く。

ところで、過去の記憶がないはずの、”ありす”が持っていた子供の頃の記憶(昔からあるお店や子供の頃に住んでいた家など)は、有人が書いた物語の中の描写か、これまで物語を奪った少女達の記憶のどれかですかね。
ただの記憶違いではなく、有人の子供の頃の思い出と同じ、物語の中の記述と同じという表現があった方が、伏線が効いてよかったかもしれません。
10ari01 ”ありす”の記憶の食い違いに気づいた有人が、別れ際に橋の上で「ごめん・・・」と呟くのが、若干それかもしれまんが。

【 今週の1枚 】
10kisa02 ”きらは”ちゃんの危機を感じたキサちゃんが、図書館前に現れた理由。
それは”きらは”ちゃんの危険を感知するアンテナって、どこぞのパクリですかぁ?(^^;

10kisa01






■ #11「Tarts」

11alice01 ”ありす”を閉じ込めたBOOK型をした透明な棺は、消えうこうとする”ありす”を留めるために使われたリデルの力による封印。
それを前にして、「終わらないアリスの物語」に関する自分の思惑と、”ありす”を助けるために物語の完成を強要するタキオン。

11kisa01 その状況に、”きらは”を倒して物語を完成させようと刃を向けるキサちゃん。
でも、それは偽りの表面で、本当の心は”きらは”ちゃんに自分を倒してもらい、物語を捧げること。
少女の自己犠牲は美しいです。(涙)

11kisa11 キサちゃんの物語。
それは、子供の頃からあまりにトロくさくて、実の母親からも疎まれ愛情を掛けてもらえなかったこと。
11kisa12 親から愛されない子供は生きる意味を見失ってしまいますが、それを救ってくれたのが自分に向けられた”きらは”ちゃんの笑顔。

自分の思い通りにならないからと言って、愛情を持ち得ない親は最低ですが、それ以前に社会性も父性も母性も持ち合わせない未成熟な者が、生物学的な享楽だけで子供作りまくってるのも多いですからねぇ~。
そんなやつらを育てた上の世代や時代にも責任はありますが・・・。

そんな悲しいけれど、”きらは”ちゃんとの大事な物語を失わないためには、物語を有人に書き写してもらって、再びキサちゃんの中に返すこと。
11kisa02 しかし、そんなキサちゃんの想いも、”きらは”ちゃんの必死な願いも、動揺して混乱したままの心の有人には届かずに、キサちゃんの物語は、想い出は消えてしまうことに。
優しさと心の弱さは紙一重ですからね。

11takion01 そんな有人の腑抜けた姿を叱咤する”きらは”ですが、現実の辛さに精神崩壊を起こしかけている有人は、悪夢のような白昼夢の中でタキオンとリデルの真実、タキオンの目的の真実を知ることに。

11ridel02 11ridel01 そして、これ以上、物語の完成に役に立たない有人の存在を消すことをリデルに命令するタキオンですが、リデルのスティックが向けられた先は・・・タキオン!

11ridel 愚かにも絶対の自信を持っていたタキオンが狼狽する様が笑かします。(^^
女を自分の所有物のように思っている男は、女の笑顔の下で、いつかしっぺ返しをくうのですよ。
あぁ、こわい、コワイ。(笑)

なかなか、ぐちゃぐちゃな展開になってきて、けっこうよろしいです。
LAST2話、上手にまとめてくれればいーですが・・・。

【 今週の1枚 】
11kiraha01 やはり、キサちゃんを救った”きらは”ちゃんの笑顔しかないでしょうか。
それだけで救われる人がいるのです。
他人に対して優しい心でありたいですね。
もちろん、不正には相応の罰を与える必要がありますが。(^^;

|

« びんちょうタン#1回「春のお目ざめびん」「お仕事げっとびん」 | トップページ | と、ゆーことで »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「アニメ:永久アリス輪舞曲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143887/9149166

この記事へのトラックバック一覧です: 永久アリス輪舞曲 #10「The Quadrille」 & #11「Tarts」:

« びんちょうタン#1回「春のお目ざめびん」「お仕事げっとびん」 | トップページ | と、ゆーことで »