« 2007年5月 | トップページ | 2010年1月 »

1年前は(06年4月~6月)

過去最高の新作開始と言われた06年春。
たしかに、見てるのも優に40本超えてしまいました・・・。

■ ブラックジャック
 原作の短編連作から趣向を変えて、TVオリジナルのノワールプロジェクトを縦糸に、原作のエピソードを横糸に組みなおした連続物に。BJの親父って、こんなんでしたっけ?と違和感あり。(^^;

■ 名探偵コナン
 まだ続くか?

■ ひまわりっ!
 キングなので、質は悪くはないのですが、話が・・・。アホ。
 ゆすら役の、久しぶりの中田あすみは、あいかわらず。(/- -)/

■ ラブゲッCHU
 携帯電話ゲーム原作ですし、キャラデも思いっきりマンガ的なので、そこまで期待してなかったんですが、楽しい曲調のOPや主役の苺原桃子の元気キャラが、なかなか楽しめてました。

■ エンジェル・ハート
 2クールかと思ってたら、なんと1年もの?

■ 桜蘭高校ホスト部
 原作はLaLa連載当初に本誌で読んで知ってたので、悪くはないけどそこまで期待してませんでしたが、いや、さすがBONES。監督の五十嵐卓也に脚本の榎戸洋司、キャラデの高橋久美子と、見事な完成度でした。

■ 女子高生
 ネタがエロいっちゅーより生々しぃ。ヘ(-_-ヘ 
 声優の力量で持ってはいたものの、画はヘタレ、演出はダメダメでしたね。

■ うたわれるもの
 ゲーム原作なので1クールかと思ったら、2クール?話もキャラも地味なので、いまいち盛り上がりに欠けたかも。

■ BLEACH
 ソウルソサエティ編も佳境を迎え、このままじゃ原作に追いついてしまうので、とりあえずTVは終わりかと思ったら、TVオリジナルのバウント編ですか。星矢のアスガルド編みたいなもの?

■ 涼宮ハルヒの憂鬱
 #1話に自主制作映画の朝比奈ミクルの冒険を持ってきたことで、原作を知らない者にとっては、わざとらしい演技の下手さのあざとさが鼻について、作品評価がマイナススタートとなったので、世間で言うほどにはハマれないまま、消化不良の作品となってしまいました。

■ 獣王星
 原作の樹なつみの薄っぺらい画(少女漫画なのでしょーがない)とは違って、逢坂浩司による骨格のしっかりしたキャラは、なかなか見事。1クールだったので、後半は話が駆け足だったのが残念。

■ ひぐらしのなく頃に
 作画がヘタれ気味だったのが何ですが、演出と声優陣の演技は見事。#1エピソードのバッドエンディングのような、いい意味で胸糞悪くなるようなオチは○。思わず、なんじゃそりゃー?!

■ ARIA the NATURAL
 1stシーズンが意外と良かったので期待してたのですが、あまりの作画のヘタれに・・・。今回は最初っから2クール決定なのに、もったいない。

■ 吉永さん家のガーゴイル
 ガーくんに若本規夫をアテたことが、勝利の鍵だ!(゜▼゜*)
 斎藤千和との掛け合いが○。

■ 夢使い
 原作まったく知らなかったんですが、アニメとしては、よくまとまってたと思います。必殺技がガガガ的で、けっこう好きでした。

■ スクールランブル二学期
 一学期に続いて、なかなかテンポよく笑かしてくれました。

■ NANA
 そこまで期待してませんでしたが、硬派なとことコメディ部分の対比がなかなか、(^u^)うぷぷでした。

■ 姫様ご用心
 眼を瞑って聞いてると、なぜかそこにミルフィーユの影が・・・。(^^;

■ いぬかみっ!
 く、くだらん。ε=(~Д~;)・・・でも、好き。(=^_^=)
 しかし、やっぱ基本フォーマットは、うる星のような・・・。

■ .hack//Roots
 OPが梶浦由記にEDがALIPROとは、ある意味濃ゆい。

■ Fate
 1クールから2クールへの転調のところで、少しもたつき感があったものの、最後は気持ちよくまとめて、なかなか高潔なラストで◎。
 でも、うちらの世代でギルガメッシュと言えば、やっぱ石森章太郎のキング連載ですか。(←いくつだ、お前:笑)クローンやキメラという言葉もこれで覚えたよーな。

■ ゼーガペイン 
 サンライズで幡池裕行キャラ原案の割には、あまりな作画に、出だしは、しょせん夕方台の番組かと思ったものですが、生命の量子化というネタと意表を突く展開で、けっこう見せてくれました。

■ 砂沙美 魔法少女クラブ
 OPは意外と秀逸。でも主役陣の演技は子供なのでヘタ。でもでも、話は意外と良いので、下手な演技も頑張って聞こえる。(^^

■ かりん
 ラスト付近はけっこうシリアス気味だったけど、やっぱ、オチはそんなもんかー。(・-・*)
 楽しめた半年間でした。

■ ザ・サード
 久しぶりに見た気がする正統SFジュブナイル。前向きな火乃香は、ええ子や。

■ 錬金3級 まじかる?ぽか~ん
 なんや訳わからんショートコメディ。平田雄三の画は嫌いじゃないし、声優陣も頑張ってるけど・・・あっちゅー間に終わった1クール。

■ ガラスの艦隊
 これは銀英伝ベルばらか?とゆーよーな、GONZOお得意の前時代的設定SF大河ロマン。がんくつおーより、すっきりあっさりしているけど。

■ シムーン
 マ王をうまくまとめきった西村純二が監督で、西田亜沙子キャラデで期待してたのに、アンニュイな雰囲気ばかりが先に立ってて、話が全然×。

■ 彩雲国物語
 NHKいい男シリーズ第二弾?(^^;
 大島美和の画は良いし、自立してる女の子は気持ちいい。

■ ウルトラマンメビウス
 ネクサス、マックスと実績を上げて、コスモス以来の平成シリーズ王道パターン復活。良いです。

■ BLOOD+
 シュヴァリエ化して復活したと思ったら、ディーヴァの種馬化で死んでしまったリクに、その数年後のイギリスで成長したカイと、展開は悪くはないものの、話に芯がないから、展開だけで目先を誤魔化そうとするのが、いまいち。

■ ツバサクロニクル
 原作は読むほどでないので、まったく興味なし。でも、(無理して見るほどではないけど)見てた。1stシリーズに続き、お子様向けにわかりやすいお話。

■ エルゴプラクシー
 村瀬修巧神曲?悪夢のクイズSHOWはサイコー!(⌒▽⌒)

■ TOKKO特公
 それっぽいオカルト味の話ですが、画がヘタレ三昧なのが・・・。話も1クールで、まったく何のことやら。

■ 武龍Rebirth
 本来なら第一部のプライムマット優勝までの1クールで終わっていいようなものの、この枠はサンデーの金の力か、最近は1年物ですね。ばかアニメなのに。(^^

■ エア・ギア
 やっぱり涼風の二の舞。画はヘタレ。話は原作を追うだけ。演出の演の字もない。マガジンも何を考えてアニメ化させてるのやら。こんなん見て原作読む気にはならないでしょー。CM番組にさえなってないのに。

■ ああっ女神様~それぞれの翼
 第一シリーズは大阪地上波では放送されなかったのでレンタルでしたが、第二シリーズもTVシリーズにしては、画は一定品質。TBS・BSi系は比較的、質が高いです。

■ ストロベリーパニック
 本家マリ見てほどではないけど、おバカお得意な中原麻衣に、知世属性全開の清水愛が良ろし。百合系エロ気味なのは、電撃系由縁のサービス、さーびすぅ。

■ 魔界戦記ディスガイア
 まぁ、ゲームエピソードのアニメ化なので、こんなもんでしょう。単体で息抜きに見るには悪くないですよ。

■ xxxHOLIC
 ここ最近のCLAMP原作には興味がないのですが、毒のある話は良いです。

■ ボウケンジャー
 戦隊シリーズとライダーは、それなりに見てますが、子供には悪くない話かな。

■ 仮面ライダーカブト
 子供の目先を誤魔化して、商品売るための小道具の多さと、話の中身の無いハッタリ展開。石ノ森章太郎も墓場で泣いているぞ。

そして、06年夏に続く・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2007年5月 | トップページ | 2010年1月 »