魔法少女リリカルなのはA’s 最終回「スタンバイ・レディ」

ぱちぱちぱちぱち!

気持ちのいい最終回でした。『魔法少女リリカルなのはA’s
最後にメインタイトルで終わった後は、つい拍手したくなりました。

 リインフォースとの別れ

”はやて”の力で悪質な防御プログラムとは分離できたものの、歪められたアーキテクチャの修復は不可能と悟ったリインフォースは、自らの消滅の助力を”なのは”とフェイトに頼みます。

それは、主である”はやて”を守るため。このままでは、再びプログラムが暴走して主である”はやて”を再び侵食してしまうから。
そして、”はやて”と繋がるみんなを、”はやて”が生きる、この世界を守るため。

静かに降る雪の中、哀しみを堪えてリインフォースを送ろうとする”なのは”とフェイト。見つめるヴォルケンリッターの騎士たち。
穏やかに、その時を待つリインフォースでしたが、防御プログラムとの戦いの後、眠り続けていた”はやて”が胸騒ぎに目を覚まし、動かない足のまま車イスでリインフォースの許へ現れます。

涙ながらにリインフォースを必死に止めようとする”はやて”。
それは、リインフォースを守りたい”はやて”の想い。
なんで・・・?
これから・・これから、うぅんと幸せにしたげなあかんのに。

穏やかな微笑みを湛え、”はやて”を諭すリインフォース。
それは、”はやて”を守りたいリインフォースの想い。
大丈夫です。
わたしはもう、世界で一番、幸福な魔導書ですから。
(このフレーズに、涙腺ぶわっときましたよ)

そして、同胞であるヴォルケンリッターたちを”はやて”に残し、光となって静かに天に還るリインフォース。
リインフォースが消えた空からは、小さな一つのアミュレット(と言っていーのかな?)が降ってきます。
それは、リインフォースが言った、自分が消えた後に残る「小さく無力な欠片」。
欠片を手に受け止めた”はやて”は、リインフォースを抱くように、自分の胸に抱きしめ続けます。

 それぞれの明日

リインフォースを見送った後、それぞれの家への帰りすがら、フェイトは”なのは”に自分は執務官を目指そうと思うと告げます。
それは、リインフォースや自分の母親のような悲しい事を少しでも止めたいから。

”なのは”は、はっきりとは決めてないけど、自分の魔法をちゃんと使いたいと告げます。
それは、みんなのために自分の力を正しく使うこと。使うために強くなること。

・・・二人とも、しっかり考えてます。
そこに、首輪をつけた子(犬モード)アルフを引いたユーノくんが迎えにきます。
(子アルフ、かわいーぞ ^^)
ユーノくんは、誘われている無限書庫の司書をやろうかと考えている事を”なのは”に話します。

翌日、病院にお見舞いに来た”なのは”とフェイトに、”はやて”はヴォルケンリッター達とともに、管理局業務に従事する事を告げます。
それは、クロノくんの計らいによる、みんなが一緒にいられる方法。
そして、”はやて”の胸には、リインフォースの欠片が。

軽やかなBGMとともに、これからに向けた、みんなの考えがそれぞれ描かれ、そして、”なのは”が友達のアリサと”すずか”、自分の家族に、これまでの事を全て話すシーンを見せながら、物語は一旦幕を引きます。
(子アルフがザフィールに子犬モードは燃費が良くて快適だと勧めるのには笑ってしまいましたが)

・・・そして6年後。

(更にエピローグはあると思ってたけど、ここまで飛ぶとは少し意表を突かれました)

すっかり成長した、”なのは”、フェイト、”はやて”の姿。
そして、みんなの6年後の姿(ザフィールはしっかり子犬モードしてました ^^)を、EDの曲をバックにして描きながら、最後は3人が自分達のパートナー
  なのは・・・レイジング・ハート
  フェイト・・・バルディッシュ
  はやて・・・リインフォース

を、高く掲げた、どこまでも続く青い空にメインタイトルが出て完結です。

やはり名作です。
劇中は、つらい運命も、悲しい事もあるけど、全て見終わった後は、心が優しく癒されます。
前作もそうですが、メインの決着はラス前の#12話で終わらせて、最終回は各キャラの、その後(明日へ続く姿)を丁寧に描いてくれます。
これくらい、脚本、演出、構成をやってくれたら、たいがい満足です。
シリーズ構成は王道(スタンダード)っちゃー、王道の一つですけど、王道が決して悪いとか、つまらないとかいうわけではなくて、要は見せようですね。
世界観やキャラ配置の設定は舞台であって、その中でのキャラの想いやドラマを、いかに心情を込めて感じさせてくれるかです。

リインフォースに再び魂を宿す(小さな少女の姿をしています)のも、罪を犯した人間が贖罪として赦された後、赤ん坊の頃から人生をやり直すというパターンに近いものがありますが、それまでにドラマや感情をしっかり描いてくれてるから、すんなり納得し、感動できるのです。
リインフォースは劇中では「祝福の風」と表されてますが、英単語で近いものであろう「re・in・force」は、強めるとか、補強するとかいう意味なのですね。
自分としては、「再び生まれいづる力(魂)」と意訳したいですが。

惜しむくはTVシリーズなので、途中、画が荒れるのが致し方ないところですが、これがOVAなみの作画であったら、間違いなくTOPクラスの作品です。
でも、このENDだったら、もう続編はないようですね。
さすがに、6年後の話をやるわけにはいかないだろーし、6年後の姿を見せたら、その前の話なんて今更ですし。
それでも、やったら○崎みたいになっちゃうな・・・。(^^;

| | コメント (1) | トラックバック (2)

魔法少女リリカルなのはA’s #12「夜の終わり、旅の終わり」

うーん。( ̄-  ̄ )

自分的には、”なのは”、フェイト”、はやて”の3人の想いを描ききった、前回#11話「聖夜の贈り物」が最高の盛上りでしたね。

やはり、ヴォルケンリッター復活!はピンチのときに現れてくれないと、ケレン味が薄れるってもんですよ。
今回は、まだ深刻な状況が続いてはいるものの、静かなる復活って感じで、ちと物足りなかった感も。

(以下、脳内妄想)
暴走する防御プログラムを前に苦戦する、”なのは”にフェイトに管理局チーム。
そのピンチを救うがごとく、”はやて”の再召喚に応えて、強力な一撃とともに一人ずつ見得を切りながら復活するヴォルケンリッター!(パターンでごめんなさい)
・・・できれば、このカタルシスが見たかった。防御プログラムの動きを止めるのは、その後でも良かったかも。
(脳内妄想終了)

後半は、これでもかの必殺技連続叩き込みのオンパレードではありましたけど、前半が、やや淡々と進んだので、ピークに達するには、少し助走不足でした。
作画も少しアレでしたし・・・ラスト3話は完成度の高い画を続けて欲しかったですが、最終回に期待しましょ。

あ、でも必殺技連続はスパロボ系ロボット軍団攻撃みたいで、それはそれで見栄えは良かったですよ。具現化した防御プログラムもギルギルガンデビルガンダムかっていうイカれたデザインでしたし。(^^;
バックに流れる挿入歌も、今回もGood!でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

それぞれの戦い~リリカルなのはA’s#11「聖夜の贈り物」

あー、いい展開です。\(^ ^)/
魔法少女リリカルなのはA’s

ヴォルケンリッター達に続き、フェイトも闇の書に飲み込まれ、一人、闇の書と対峙する”なのは”。

■■ フェイトの戦い ■■

闇の書の中で、眼を覚ましたフェイトは夢のような時間を目にします。
それは、望んでも得られなかったもの。
母であるプレシアと、オリジナルであり姉であるアリシアと、家庭教師兼世話係のリニス、そしてかわいいペット(^^)のアルフと共に過ごす穏やかな時間。
現実ではないとわかっていても、フェイトは優しい時間に涙します。
闇の書の中で夢のような時間に身を委ねるのは容易いこと。
でも、フェイトは現実に戻ることを涙ながらにアリシアに告げます。
フェイトの心を理解し、優しく、そして強くフェイトの背を押し光となるアリシア。
いってらっしゃい・・・

アリシアの想いを受け止め、「バルディッシュ・フルドライブ・ザンバーモード」で己を取り込む闇の書(弱い心)を薙ぎ払うフェイト。決意を込めた眼差し・・・強い子です。

■■ はやての戦い ■■

更に”はやて”は強い子です。
画策された絶望に闇の書を起動させて取り込まれてしまったものの、闇の書の真の悲しみと優しさを自ら受け止め、眠りと夢の誘いを毅然と拒絶します。
せやけど、それはただの夢や・・

そして、闇の書に新たな名(新たな名は新たな力、魂の新生)を与えると約束し、自らは外の”なのは”に防御プログラムと一体となった自分を撃て!と言います。
そうすれば、ダメージを受けた防御プログラムを自分が止めることができると・・・。
闇の書に身体を蝕まれ苦しんでいても、ヴォルケンリッター達への思いやりと、挫けない心をみせてくれた”はやて”。
ほんまに、えぇ子です。

■■ なのはの戦い ■■

一方、”なのは”は外の世界で孤軍奮闘。
フェイトを、”はやて”を、ヴォルケンリッター達を、世界のみんなを救いたいという強い想いを込めて戦い続けます。
そんな”なのは”に応える男気のある(^^)レイジング・ハート
自ら「フルドライブ・エクセリオンモード」起動を要求します。
「Call me!My Master!」
そして、突撃形態ACSによる渾身の「エクセリオンバスターACS」を闇の書に零距離砲撃(!)しますが、眼前に立ちはだかる闇の書に更なる戦いを決意する”なのは”。
そんなとき、闇の書の中から、目覚めた”はやて”の声が・・・。

でも、おばかさんな(^^;)”なのは”は何のことやら瞬時には理解できず、すかざずユーノくんがフォローの指示に入ります。
さっすがユーノくん。わっかりやすい!

■■ そして・・・ ■■

放たれるエクセリオンバスター!
内からはフェイトの疾風迅雷!
闇の書に新の名を与え真の主となった”はやて”の力。

3人の強い想いが収斂し、外の世界に復活するフェイト。自分達の意思と魂を取り戻す”はやて”。
”はやて”と闇の書から切り離されて暴走する防御プログラムを前に、次回の最後の戦いへ続きます。

・・・実際の放送は、3人の状況と想いを交互に描きながら進み、一つに収斂していきます。
構成、うまいです。挿入歌もいいタイミングで入ってきます。

そして、次回予告。
立ち向かうのは、わたしたち管理局チームと。そして・・、そして・・・

ここまできたら、ヴォルケンリッター復活!が王道でしょう。期待してます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

05年10月度復習そのいち(週前半月~水)

今年も実質半月ほど。
10月に始まった新番も1クール物は、そろそろ佳境に入る頃。
てなことで、前から見てる分も含めて我流復習でもしてみましょ。
星はてきとーに、歪んだ目で見てるんで、怒らないでくださいませ。(-_-)ゞ゛


ブラック・ジャック」(☆☆)
19:00読売TV
原作の良さもあって、夜台の量産品としてはぎりぎり及第点。流し見だけど。
出崎&杉野版(OVA+映画)に比べると各段に落ちますけど。
魂削って作ったような出崎&杉野版は必見です。

名探偵コナン」(☆☆)
19:30読売TV
はい、こちらも安定品。毒でも薬でもなく素直に流し見できます。

ダ・カーポS.S.」(☆☆☆)
24:00サンTV
最初はテンポ悪かったものの、中盤前に音夢ちゃん出てからは少し練れてきた。
でも、なんか消化不良。画は好きだけど。
しかし、アイシアって、すっかり小悪役。

舞乙HiME」(☆☆☆)
25:05TV大阪
踊らされてるのはわかってても、確信犯的に狙ってるとこが好きです。
キャラデ好きだし・・・ダメじゃん。orz

エンジェル・ハート」(☆☆)
24:59ごろ読売TV
退屈な作品になるかなーって思ってたけど、なかなか渋めでほんわか雰囲気。
どんな番組やねん。\(- -;) 

パラダイス・キス」(-)
25:30関西TV
ほとんど見てまへん。

闘牌伝説アカギ」(☆☆☆☆)
25:44ごろ読売TV
原作の血抜き麻雀は何回か見たことがあるけど、こんな話で連載開始されたのか~。
サイコー!!VS市川編の裏の裏をかく仕掛けの決着もサイサイコー!!
古谷徹の変なナレーションも変な味で良ろしおま。

ラムネ」(☆)
26:00関西TV
画はいい瞬間もあるけど、何かお話や演技が、番組見てるこっちの脳が幼児化してく・・・。


焼きたて!!ジャぱん」(☆)
19:00TV大阪
くだらんダジャレとパロのオンパレード。
ミスター味っ子の熱い魂には遠く及ばないが、なんとなく流し見してる。

BLEACH」(☆☆☆)
19:30TV大阪

出だし死神妖怪退治物かと思って軽く見てたら、すかさずジャンプ王道パターンに入っていった。
なかなか、いいっスよ。
ソウル・ソサエティ編もそろそろ終わり。原作追いつくんで、そこでひとまず終わりかな。

キャンバス2」(☆☆)
24:00サンTV
画はまぁまぁだし、ギャルゲーパターン嫌いじゃないけど萌へきれない。
あっさり1クールかと思ってたら、まさかの2クール?!
名塚佳織の狙った下手っぽい(素?・・・^^;)次回予告がたまりまへん。

魔法少女リリカルなのはA's」(☆☆☆☆)
26:05サンTV
途中、どーしても画が荒れるのが惜しい!
前作とも1クール勝負の短編で、きっちりまとめてる。

ガラスの仮面」(☆☆☆)
26:05TV大阪
原作の骨太さと20年前に比べると格段にレベルアップした作画で見れる。
話がはしょり気味なのは致し方ないか・・・。
ただいま二人の王女編。

IGPX」(☆)
26:50ごろABC
IG+カトゥーンの鳴り物入りの割には、すっきり系の盛り上がりないアニメ。
やはり大味な○メリカ人向けはスポンサーのご意向か。
12月中に1クール分終わらないみたいだけど、まさかこれで2クール?!

ぱにぽにだっしゅ」(☆☆☆)
27:10TV大阪
放送が進むにつれ、くだらなさ度パワーアップ!
それが、また良し!!
わからんやつはかまわん!といった、本編中にばら撒かれた無駄な情報量がマホー!


涼風」(☆)
25:30TV大阪
画はそれほど上手くはないし、お話も原作をなぞってるだけで、アニメ化の意味なし。
けっきょく原作人気におんぶに抱っこか。

ARIA」(☆☆☆)
26:05TV大阪
佐藤順一だけあって、きちんとまとめてくれてます。
ただ、静かに時間が流れる作品だけあって、ローテーション早い昨今では、放送終わったら、その時間を忘れてしまいそう・・・。

はっぴぃセブン」(☆☆)
26:05サンTV
期待したほどは・・・。声優陣はそれなり豪華。
はっぴぃセブンではなく、らっきースリー!って馬鹿馬鹿しい展開は好きだぞ。

ガンパレード・オーケストラ」(☆)
26:50ごろABC
いまいち画が硬い。お話がベーシックというかありきたりな展開。
白の章だけで終わらせてれば、2クールもいらんのでは。
ちゃんと複数の物語を絡めて収束させてくれるんでしょーね?

**** と、なんのかんの言いつつ、たいがい見てます。(全部生では無理ですが)
更に、週後半は土曜深夜がピークです。δ(⌒~⌒ι)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リリカルなのはA’s #9「クリスマス・イブ」

ぉおお、ブラックはやてだ!!

いや、ごめんなさい。おちゃらけるつもりはないんですが、つい。\( . . )ゴメンヨー

お話はいよいよ佳境に。(詳しいストーリーは他の方のブログでどーぞ)[←手抜き]
魔法少女」と銘打ってるけど、いつにも増して、中身は熱いスパロボ・ヒーロー系のケレン味たっぷりの今回。
頭の方だけ少し見ながら寝ようと思ったけど、つい最後まで見てしまいました。(明日・・・というより今日の出勤がキツイ:自業自得
でも、画は少々荒れ気味かなー。
しょーがないけど、残りのラストスパートに期待しましょ。

ところで、”はやて”の出身って、あのイントネーションと言葉使いからは、関西地区でも『京都方面』だと思ってるんですけど、いかがでしょう?
関西移民としては自信ないけど、大阪でも神戸とも違うように聞こえるし、生粋の関西人の意見聞いてみたいですね。( ∩_∩)

| | コメント (0) | トラックバック (0)