誰も知らないラストってこんなもの~映画ZガンダムⅢ 星の鼓動は愛

3/4土曜日の初日に観てきました。映画ZガンダムⅢ

先にラストから言いますので、まだ見てない人は読まない方がいーです。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

やはり、最後は精神崩壊すべきでしょう。

富野監督自身、これまでの作品で、あまりにも理不尽で我儘なキャラや世界を描きすぎたことが、次の世代への悪影響、罪であったと言ってるようなので、こういうラストもありでしょうけど、やはり、カミーユには残酷な一つの教訓になってほしかったかと。

人の業として、この世界は善意とともに悪意と矛盾にも満ちていて、傷つきやすい魂は壊れやすい。
だからこそ、生物として生きていくために、傷ついても壊れない強い精神を鍛えねばならないし、悲しみと悪意に満ちた世界を、次代のためにも善き世界へ導く努力を怠ってはならない。

その教訓として、あまりにも理不尽な大人たちに振り回されたカミーユは、世界のサクリファイスとしてTV版同様に一度精神崩壊すべきだったかと思います。
ただ、TV版のように完全にあっちの世界(笑)に行ってしまっては救いがないので、現実と精神世界の狭間で両方に揺れ動く精神ということでもよかったのかなと。
その表現として、ファの問いかけに的はずれな答えをしながらも、時として現実的な受け答えもし、世界の核心を感じさせる超越的な言動をしたりする。
その混乱した言動のアンバランスさが、精神の異常さを感じさせながらも、覚醒した魂の復活の潜在も感じさせる。というところでしょうか。

それはともかく、結局、UC0087の勢力圏にはなんの決着もついてないんですよね。
基本ストーリーはTV版のままなので、権力の覇権を 狙ったティターンズのジャミトフとバスクはシロッコに殺されて、その力を利用しようとしたシロッコも倒されて、地球連邦内の先鋭的な流れは抑制されたもの の、アクシズは健在で、まだ不穏な情勢を導きかねない状況は残されたままです。

誰も知らないラストと言うなら、反目しながらも世界の在り様を模索し、未来を変える予感を感じさせるシーンをここに追加して、TV版がZZに繋がったところを変更して、Zだけで決着を着けても良かったかもしれません。

まぁ、ハマーンさまはジオン再興という大義を掲げながらも、個人的にはシャアに袖にされた恨みを持っているようですし、あそこまで可愛さあまって憎さ百倍みたいに責め続けている話のままでは無理ですかね。
個人の情念、感情が世界を歪める根底に潜んでいるというのが人間の業というもので、なにせイデオンでは娘に対するドバ・アジバの父親の情念が宇宙崩壊まで引き起こしてしまいましたし。(^^;

そんな人間の業を一番表しているのが、男がヤザンと女がレコアですかね。
人間としての闘争本能を満足させるために自ら戦場に身を置き、人を殺すことに愉悦を感じるヤザン。
一方、巣作りを基本とする女としての存在を、男の都合のよいようにではなく、ありのまま認め、自分を主張させてくれる男を求めるために、自己チューに男を乗り換えていくレコア。
まぁ、どちらも、人の情など感じず、世界を己の思うように変革しようとするシロッコに利用されているだけなのですが。

で、先に書いたように、ラストまでのストーリーは基本的にTV版どおりなのですが、全体の時間もなく、ほぼ局地戦の連続なので大味すぎた感があります。
何のための局地戦なのか、戦略の目的が見えないため、ストーリーが分かりづらかったようです。
もうTV版なんて初見以来ほとんど見てないので、基本ストーリーは知ってても、詳細は覚えていませんし。(^^;
もう少し戦闘をぶった切って、ゼダンの門へのアクシズ激突とグリプスⅡ攻防戦の2つに絞った方が良かったかもしれません。

また、地上編はバッサリ切られてたので、友人大好きなサイコガンダムⅡも出ませんでした。(笑)
なので、フォウとの悲恋も、アムロが言う人間の繰り返す愚かさもなかったのが残念でした。
その分、カミーユのことを一途に慕っていたファの想いが叶えられたのが、TV版にはなかった、シロッコを倒したカミーユとの宇宙空間の抱擁でしょうが、ファが両足をカミーユの腰に絡ませたまま宇宙空間を漂うシーンは、まんま無重力SEXですね。
狙ってやったな、富野のじじぃ。(笑)・・・いやいや、失礼。

そーいえば、ラストにセイラさんも出てきましたが、井上遥さんは既にお亡くなりになっているので、しゃべらないかと思ってましたが、ライブラリーで過去録音出演でした。

で、最後にツッコミ。

■ そのいち

シロッコを倒すときに、TV版同様、あいかわらずZが人の魂を吸って力に変えるマシーンであるという表現で行くのですが、昭和の良き時代の演出ならまだしも、今でもやるのはちょっと失笑かも。
それよりTV版のフィルムをそのまま使ってるので、カミーユお兄ちゃんの亜美・・・いや、ロザミア(^^;)の魂も出てくるのですが、はて?映画の構成で彼女がカミーユに力を貸すほどの絡みがどっかでありましたっけ。
とゆーより、どこでお亡くなりになったのか覚えてません。(笑)

■ そのに

エマさんのMk-Ⅱを助けるために、ヘンケン艦長がその身を盾にするのはいいのですが、戦艦一隻と乗組員を共に犠牲にするのは艦長にあるまじき行為では。
漢が女のために命を賭けるのに、他人を巻き込んではいかんでしょう。
せめて、ラーディッシュが撃沈しかかっている状況で、最後の手段として生存者は全て退艦させて、艦長一人で女のために散ってゆくなら、漢の本懐ここに見たりですが。

■ そのさん

最後にZが、ウェイブライダー形態からMS形態に、ゆっくり変形していくのは、やっぱVer.2も発売されたばっかですし、スポンサー様へのサービスでしょうか。
ぜひ、みんなもプラモ買って変形を確かめてみてね。とか。(笑)

とゆーことで、TV版も映画版も記憶だけでプレイバックして書いてますので、いろいろ間違ってたらゴメンナサイ。(^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よみがえる空 #1「初めての仕事」

うーむ、前情報で予想してたとおり、航空自衛隊のレスキュー部隊で繰り広げられる人間ドラマは渋いっ!

って、まだ、そこまで、お話は行ってませんが。(笑)
等身大のキャラ設定、等身大の舞台、等身大の人間関係と、#1話を見せられた感じでは、充分、期待はできます。
岡山出身で、小牧で訓練して、小松勤務の主人公ってのが、また何とも。

監督:桜美かつし、シリーズ構成:高山文彦だったら、『ガンンパレ(マーチ)』同様、きっちりとしたドラマを見せてくれると思います。
まぁ、桜美かつしの方はその後の『月姫』で評価が分かれましたが、シリーズ構成で高山文彦がついてるなら少し安心かも。

高山文彦は、いろいろな作品に関わっていますが、構成でなく、監督代表作は『ガンダム0080』。(隠れで『オーガス02』もありますが。 ^^;)
ガンダム正史の初インサイドストーリーとして、プレッシャーはあったと思いますが、安きに流れず、戦争の中の人間(特に、市民として子供側から見た)を、日常と非日常の対比を丁寧に描いた作品です。
これがあったから、更にグレードアップした『ガンダム0083』に繋がったようなもの。
こちらには高山文彦は関わってませんが、戦争と人間、戦闘、メカと、動く歴史の中の一瞬を重厚なドラマで見せてくれました。
両方とも必見の傑作です。(今更いわなくてもですね)

話がそれましたが、#1話では、自分の希望とは異なる部署(ファイター⇒レスキュー)に配属となり、完全にふっ切れていないわだかまりを抱えながら も、新しい仕事に前向きに取組もうとする主人公の姿を、初めての赴任地への行程、新しい土地でのとまどい、恋人とのすれ違い、周囲の人々との関わりを交 えながら見せてくれます。

Title3_002 新生活への準備を整えようと日用品を買いに街へ出た主人公は、昼食を取る店もない街にとまどいを感じながらも、コンビニで買ったパンを持ち、気持ちを切り替えるように、軽やかに自転車を海に走らせます。
海に向かう下り坂の先に見える空は、主人公の心を表すかのように、切れ目から晴れ間は見えているものの、全体としては、どんよりとした曇り空。

eagle1 kazu 海岸で雲間からの爆音に見上げる空には憧れていたイーグルの姿。それを見つめ続ける主人公の瞳。
脳裏に浮かぶのは、機種転換が決まった夜の、やるせない想い。
そんな主人公の心情に呼応するかのように、突然降り出す雨。

抑えた演技ながらも、主人公の微妙な心情が感じられる、作画・演出が好感もてます。

↑下から見ても、一発でイーグルとわかる特徴あるシルエット。
 とはいっても、とっくの昔に実戦配備の主力はイーグルに切り替わってます
 からね。これ以外ないってゆーか。
 ファントム無頼(by新谷かおる)も昔の話。(笑)
 ベトナム戦争後半の70年代にF-14トムキャットが実戦配備された後、冷戦時代
 の中、F-15イーグル、F-16ファイティングファルコン、F-18ホーネットとたて続け
 の開発競争華やかりし頃でしたね。
 ロールアウトから30年たってもTOPクラスのイーグルは、やっぱスゴい。その分
 めっちゃ高いですけど。(^^;
 NAVYの主力だったトムキャットはホーネットに切り替わって今年で全面引退
 だとか・・・時代ですね。

キャラ、CGメカ、背景美術ともよく描かれていますが、ただ、タクシーほか車がちょっと貧弱だったのが・・・。(^^;

着任した部隊では、いきなり上長に、かまされますが、それは目線の違いによるもの。

それぞれの立場になってみないと見えない、わからないものがありますが、自分のことでいっぱいいっぱいで、気負ってる新人君には、わかりづらいかな。
でも、うるさく言われるのは、反面それだけ期待されるってことですね。

但し、世間には年を経て実年齢だけはくっていても、仕事年齢はちっとも上がっていないのに、年だけで説教たれる○カタレもいますからね~。
ここらへんを見極めて、どこを自分の目標とするかが、どこまで成長できるかの鍵。
下の者が先に生まれた者を敬うことは当然ですが、それだけで何でも偉いってわけじゃないですからね。仕事は年齢じゃないし。気をつけましょう。

そして、新しい仕事への導入の日常を過ごす主人公に、初の災害救助帯同の場面が・・・ということで、次回、仕事の厳しさ、役割の重さと充実感を感じることとなるでしょう。

人生いたるところに青山あり。(説教くさいか ^^;)

自分の思うところをやり通すのは立派なことですが、憧れだけでは何もできません。

実現するためには伴うものが必要です。

実力もなく努力もしてないのに、あれやりたい、これやりたい、あれがいい、これがいい、とかぬかすのを身の程知らずと言います。
どんな仕事でも、目の前のことも満足に出来ないやつは、どこに行っても、何をやっても半端者。

例え、当初の道とは違っても、極めれば自分のとなります。

就職も決まって、春から社会人となる皆さんも、頑張ってくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

SEED DESTINY FINAL+「選ばれた未来」

昨晩深夜12時半から生で見たものの、結局この時期に何のための特別編だったのでしょうかという内容でしたね。まさか、これをX’masプレゼントとか思ってたら、この程度の番組で勘違いも甚だしいですが。

わざわざ「選ばれた未来と」サブタイ付けるぐらいだから、ある程度、後日譚を描いてくれると思ってたので、半分ぐらいは時間割いてくれるかと思ってましたが、半分過ぎても、3/4過ぎても、まだ最終回の繰り返しをやってる。

おいおい・・・と思ってたら、やっと最後5分強ぐらいの追加シーンのみ。
時間的には、まさか、わずかの新作カットに「その後、停戦協定が結ばれた・・・」とかのテロップ付けただけで終わるのか?と思ってました。
ラストはキラとシンの再開で、キラに諭されて涙するシンという、少しはセリフ入りだったのですが、しかし、その程度のエピローグだったら、

最初っから、最終回でやっとけ!

ってなもんです。
1年もあったんだから、尺ぐらい調整しとけ!ですよ。
オリジナルの「電童」作ってたときは評価してたんで、SEEDでは期待してたんですが、作が進むにつれ、輪をかけてクリエーターとは思えない所業三昧ですね。

まぁ、シンを主役と考えたら、最後にこのシーンがあった方が、過去に、それとは知らずに出会ってたキラと再び会って、その大きさにに、これまでの自分に後悔して涙するという感情の流れと心の成長がすんなりと繋がってきますが。
人は過ちを犯すものですが、命をはって自身の過ちを正してくれたキラの姿を胸に刻んで、手に剣より、地に花を、大地に息吹を芽吹かせることを目標に、成長していってくれるという期待ぐらいは何とか感じさせてくれました。

でも、シンは、わんこ性格のようなので、脇目もふらずに自分の信じた人や道を妄信してしまうところが心配ですが。
だから、番犬のように自分の信じる者以外にはすぐ牙を向く。そのくせ、ちょっとイジメられると、すぐ迷って泣きを入れちゃうし。
2007年度の戌年に向いたキャラかもしれませんね。(^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ZガンダムⅡを見る

そして15:30にライダーが終わった後、シネプレックス小倉まで歩いて移動して16:30からZⅡ。
内容については既にあちこちでレビューされてるから、敢えて言わないとしても、ストーリーの骨格を知ってるからいーよーなものの、こんだけぶった切って繋いだら、初めて見る人は、脈絡のない分裂症ぎみの言動・行動のキャラばっかだと思うでしょーね。
ライダーとどちらがましかは、なんて言いませんが…剣呑剣呑。( ̄〇 ̄;)

どーしても2作目は、ラストに向けての繋ぎの、大いなる予告編になってしまうのは仕方ないけど、個人的にはガザC軍団とハマーン様専用ガザCの新作カットで締めてくれたんで、笑いとともに次回への期待を持たせてくれました。(*^ー^)ノ

シネプレックス小倉はTジョイより先に出来てたシネコン(ヘラルド系)で、遠出したついでに、話の種に一度ぐらいはと行ってきたのでした。
建物はそんな大きくないけど、意外とスクリーンも部屋も大きく、なかなかでした。
しかし、ご多分にもれず客数が少なかったのは…ライダーよりは多かったか。

写真は裏側の方からだけど、中央には観覧車もあって、一応はランドマークなんだろーけど、駅前からびみょーに外れてるんで少し地味。(地元の人メンゴ…って、これも死語か)
でも、街中のモールなんで、地元の家族連れには利用しやすい施設だと思います。(フォローフォローっと)(^_^;)

051105_15500001.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モブログテスト

モブログテストです。

このサイサリスも、もう何年前だろう・・・。

051009_02090001.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)