SHUFFLE!最終回「そして・・・・・・大切なこと」補足

はてさて賛否両論ありそな昨晩放送の『SHUFFLE!』最終回。

*以下、SHUFFLE!ファンの方は、ご気分を害される恐れがありますので、ご注意ください。

前回の続きで、一人病院を抜け出して、思い出の展望台に向かう亜沙先輩。
そんな亜沙先輩を必死に探す稟。
ようやく、展望台のことを思い出して、亜沙先輩のもとへたどり着く稟。
そこで交わされる二人の思い出。

>亜沙先輩の目の下のくまは恐いけど、ここまでは良しとしましょう。

亜沙先輩の身体を治すために魔法を使ってくれと頼む稟。
でも、自分の意地のために、あくまで魔法を使うことを拒む亜沙先輩。

>どこまでも、周りのことを考えない我儘バカっぷりは、前回放送から2週間も経ってるので、既にあきらめましたが・・・。

亜沙先輩の気持ちを変えるものを何も持たない稟は、自分の手首をカッターで切り、亜沙先輩の気を引こうとします。
そして、手首から血を流しながら、とうとうと惰弱な愚痴を亜沙先輩に語る稟。
このままでは寝覚めが悪いので、泣きじゃくる亜沙先輩。

>人の気持ちを変えるのに、自分の死で脅しをかけるってのは、はっきり言ってです。物事が思い通りにならないガキがキレて、ヒステリー起こしてるのと同じようなもんで、何の解決にもなってません。

しかも、このシーンをいかにも感動的に見せかけるように、それなりのBGMをかぶせて誤魔化そうとする制作側のあざとさに反吐が出ます。
まさに命を軽々しく扱う馬鹿者どもです。


奇跡は、とことん頑張った者に起きるもの。

自分で生きることをあきらめた者を説得するのに、自分が命を絶つことで説得する展開なんて、制作者の無能さをさらけだしているようなもんです。
単に衝撃的で刺激的な画で視聴者を引っ張ろうという悪意しか見えません。

たとえ、亜沙先輩が魔法を使わざるを得ない状況として、稟の命がその対象となるにしても、それは誰かのため、亜沙先輩のために、稟が命をかけざるを得なかった結果に対してもたらされるべきで、お互いがお互いを思いやった結果によるものならば、素直に感動できるのです。(そんな基本を学びたければ、O・ヘンリーの「賢者の贈り物」でも復習しなさい! 難しければオスカー・ワイルドの「幸福の王子」でも可。 ^^)

例えば、ベタな展開でも、
 苦しさで倒れこむように、展望台から崩れ落ちる亜沙先輩。
 それを助けようと、亜沙先輩を抱きかかえたまま崖下に落ちる稟。
 落ちた木蔭の隙間から天空に見える月。
 内臓破裂、複雑骨折で血にまみれ、息絶え絶えながらも亜沙先輩に語りかける稟。
 「それでも、亜沙先輩に生きていてほしいから・・・。」
程度でもいいのです。

あたしは死ぬよ。
いや、だったら俺が死ぬ。
だめー!
なんて、命の駆け引きで保った関係なんて、うすら寒いです。

ここまでがAパートで、続くBパートでは、元に戻った日常(とは言っても、どこか陰を引きずった雰囲気が漂いますが)描写で、死ぬの生きるのと喚いた割には、何事もなかったかのように振舞う周囲と、バカップルぶりを示す稟と亜沙先輩。
うすっぺらな関係だから、享楽的な振りをしないと不安なのでしょうが・・・。
ただ、惰性な展開を見せられてるだけで疲れました。

それにしても、亜沙先輩の拘りは、稟を助けたことで解消されてしまったのでしょうか。
いくら、振り向かないのが青春さ!(古っ ^^;)とはいっても、まったくその点に触れるカットや表情がないのは、何のための拘りだったのかと思ってしまいます。
その程度だったら、自分のためのつまらないプライドなんて最初っから持たなければいいのです。
自分のために持つなら、自分を磨き輝かせるために。
それよりも、誰かのための、愛する人のための思いやりの方が、よっぽど大切なことだと思います。
サブタイの言葉。素直に見せてくれれば良かったのですが・・・。

半年間、それなりの回もあったようですが、最後の最後でコケて、作品自身も視聴者も裏切った形になったのが残念です。
こんなオチの作品じゃ、『SHUFFLE!』じゃなくて、『Reset!』ですね。


文中に不適切な表現があったことを、お詫び申し上げます。m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SHUFFLE #最終回「そして・・・・・・大切なこと」

はい、ただいま最終回Aパートが終わりましたが、あまりの脚本のアホぶりに反吐が出そうです。
眠さで頭が痛いので、改めて冷静に明日、全て見終わった後の感想を書こうと思いますが、

「命をかけるってのは、そんなことじゃないでしょ!」

すいません、はっきり言って感情的です。m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (1)

SHUFFLE!#25 & かりん#8

非難を覚悟であえて書きます。亜沙先輩、頑なすぎです!

■ SHUFFLE!#25「明かされた真実」

亜沙先輩の秘密。その近因となる母親の亜麻さんの秘密。
そこから、亜沙先輩の症状を回復させる手段は、亜沙先輩自身が魔法を使い、魔力を放出することだと判っているものの、あえてそれを拒絶する亜沙先輩。
それは、何も知らない子供の頃に自分の身体のことで、母親の心を傷つけてしまった(と後悔している)ことによるもので、魔力を持つ身ではなく、人間としてありたいと思っているから・・・。

その気持ちは感情的にはわかるのですが、はっきり言って、只の意固地にしか見えません。
たかがアニメ、たかがアニメのキャラにどうこう言うことでもないのでしょうが、製作スタッフの真意が量りかねるところです。
人の生死をネタにすれば、それは感情に訴え、感動も安易に呼びやすいですが、生きる手段があるのに、それを自ら拒否する姿(積極的でない死の選択)は見苦しくもあります。
生きることに浅ましくなって、尊厳までなくすことは良くありませんが、どんなに生きたくても、どんなに病気と闘っても、死にゆかざるをえない人がいることを考えれば、自ら死を選ぶということは凄く贅沢で我儘で傲慢です。
まして、自分が魔力を使うこと(ただの人間でないことを母親に突きつけること)で母親を傷つけることに心を痛めるならば、自分を亡くすことによる母親の悲しみには心は及ばないのでしょうか。
残される方も、残す方も悲しみは同じはずなのに・・・。

どうも、楓編のときもそうですが、キレた素の感情をぶちまけることが、刺激的な表現を生むという勘違いにスタッフが酔っている(もしくは、あざとく作為的にやってる)としか思えません。

「どうなっても親は子供のことを考えている」
「代われるものなら代わってあげたい」
と、亜麻さんは言いますが、親は子を思いやり、子も親を思っている、というのは当たり前ですが大事なことです。
近親者の死に対するそんな感情はお話の中ではよく見たり聞いたりしますが、逆の立場ですが、自分自身、この夏に母親を亡くしたときに多少は実感したものです。
病気と闘って、闘って・・・それでも死にゆくものならば、それも自然の摂理の一つとして昇華していくしかない。
そうして生きていく、そうしても生きていかざるをえないのが人間ですから。

次週サブタイ「そして・・・・・・大切なこと」。
大切なことを、どう示してくれるのか。生きるにしても、死にゆくにしても、生きる意味、死にゆく意味をラストに見せてくれることを願ってます。

■ かりん#8「みつかっちゃって恥ずかしい」

一方、こちらはキャラといい、”かりん”の声(矢作紗友里)といい、ラブコメ度増量中で、ぷぷっと和ませる回。
まぁ、2クール中どっかでは深刻シリアス編が入ってくるんでしょーが、今は、この雰囲気を楽しみましょ。
しかし、シンクレアって、てっきり○メリカ人と思ってたけど、鳴子も使いこなすルーマニア人だったのね。ゴメンゴメン。(^^
しかも、吸血鬼の弱点って、そんなんなのか?!
続けて、皆から逃げるために、ロッカーに抱き合って隠れる”かりん”と雨水くん。
増血に耐え切れなくなって噴出した”かりん”のまみれのシャツを咥え、”かりん”を抱きかかえて走り去る雨水くん。
あぁ・・・馬鹿馬鹿しくって、笑かすけど好きだなー。(´ー`)
シンクレアと麻希ちゃんコンビも、いい味出してるし。
でも、次回予告カットはネタ切れですか?毎回新作カットで頑張ってほしいなー。

■■■■■■■■■■■

てなとこで、明日、既に今日も普通に出勤で眠いの、につい疲れた頭で勢いで書いてしまいました。乱文お許しあれ。
おやすみなさい。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

「かりん#7」 & 「SHUFFLE!#22」

木曜深夜のWOWOWアニメ劇場。

■ かりん#7 「追いかけられて恥ずかしい」

”かりん”と雨水くんの仲も、ひとまず出会いが片付いたので、新展開に送り込まれたウィナー・シンクレア。ライバルキャラとしてお約束のよーな転校生キャラだ。

しかし、今だに、○メリカ人を小馬鹿にしたよーな、こんな喋りでいーのだろーか?

まるで、○国人が「~アルね」とか言うのと同じじゃ、あ~りませんか。(^^;

・・・それは、ともかく。

”かりん”を巡って決闘する雨水くんとシンクレア。そこに居合わせた麻希ちゃんの3人の前で、決闘を止めようと飛び込んでくるなり、いきなり鼻血ブーーーっ!(死語)と可憐の花を撒き散らす”かりん”。

しかも、血(の匂い)に弱かったシンクレアはグロッキー。

あぁ、ますますもって、お約束の展開・・・トホホ。(笑)

■ SHUFFLE!#22 「新しい明日へ」

亜沙先輩との仲も公認となり、一人の男として自立しようとする稟。

でも、やっぱり持病を無理して隠していた亜沙先輩は・・・。

最終回は、亜沙先輩を助けるために神界、魔界との扉を閉じて、三界がそれぞれの道を歩むのか。それとも、楓に想いを託して亜沙先輩は逝ってしまうのか。

まさか、扉が開く10年前に戻って、扉が開くことはなかったことになり、パラレルの人間界だけの時間軸となって、亜沙先輩との出会い再び・・・から始まるのか。(安易にリセット落ちはないでしょーけど)

時間は常に前に進むもの。これまでの苦悩も喜びもあっての今だから、元に戻ってハッピーはないと思いますが。

それは、さておき。

ネリネのメイド服ぐらいで落ちると思ってんのか!(少しぐらつくボク)

しかし、プリムラのメイド服は・・・?!(完全に堕ちるボク)

このネタ多いでしょーけど・・・ダメじゃん。orz

| | コメント (0) | トラックバック (1)

05年10月度復習そのに(週後半木~日)

では、前回の続き。


かりん」(☆☆)
24:00WOWOW
ちょっと、なんてーか、見事にアレっぽい絵柄だけど、ライトラブコメおっけーです。
ブーーーーッ!!

SHUFFLE」(☆☆)
24:30WOWOW
のっぺりした塗りと顔が、実は最初からいまいちノれてない理由。
最近の楓編の展開は意表を突いてくれたが、全体のシリーズ構成的には、どーも食傷ぎみ。

ノエイン」(☆☆)
26:05サンTV
これも1クールかと思ってたら、続くのか?2クール。
あまり期待してなかったけど、じわじわと味が出てきてる・・・かな。


週一日の安息日・・・っても、前夜のノエインがある。
そして、翌日深夜に備えての休憩。


ウルトラマン・マックス」(☆☆)
7:30MBS
ネクサスに比べると、単純明快!復古趣味!だったはずで、それはそれで気楽に流し見れるけど、ときどき混じる味のある話が○。

今日からマ王」(☆)
9:00BS11
いや、もういつやめてもいーんですけど、たらたら見てる。
まさかの2年目入ったときは驚いたけど、よく休むし、よく復習やるしで、実質は1年ちょっとか。(さすがNHK)
画はすっきりしてて、健全なBL系で、子供に優しいお話で、さすがNHK。

BLOOD+」(☆☆)
18:00MBS
謎とはったりで引っ張るだけ引っ張っといて、実は大したオチじゃなかった・・・なんて中だるみや尻すぼみにならないように祈ります。

強殖装甲ガイバー」(☆☆)
19:00WOWOW
ノンスクじゃないせいか、いまいち話題にならないよーですけど、原作に忠実にアニメ化されてると思う。・・・が、やはり画が地味。^^;
クロノスの非情さは、仮面ライダーFIRSTのショッカーに爪の垢でも煎じて飲ませたいほどだけど。(←まだ言う)

格闘美神 武龍」(☆)
25:30TV大阪
やぼったい絵柄。ベたなお話。
そこを通り過ぎた後には感動が・・・あるかー!

地獄少女」(☆☆)
25:55MBS
画は比較的まともなのにねー。
あいかわらずの地獄流し前のコントが・・・。ε=(>ε<)
少し毎回の展開が変わってきたので、なんとか持ち直すか?
それにしても、あいちゃん家のマックclassicっぽいPCが笑かす。

クラスター・エッジ」(☆)
26:05TV大阪
ほんまに話が進まん番組だ。バンク代わりの回想ばっかなど、種(死)の悪いクセに味をしめたな、サンライズ。制作進行の手抜きちゃうか。
これで2クールもたせるんだから、楽でいーねー、ミーハー系は。
どこが「エッジ」の効いた作品だ?!(そんなCM恥ずかしいぞ)

BLACK CAT」(☆☆)
26:25MBS
小じゃれた絵柄と演出で、なかなか見れる作品。
なんといってもEDが好きだー!(どこでも言う)

牙狼(GARO)」(☆☆)
26:40TV大阪
アニメに比べると実写は地味に見えてしまうけど、数話過ぎた頃からなかなか面白くなってきました。ウィヤーも使ったアクションは結構見れます。

ローゼンメイデン・トロイメント」(☆☆☆)
26:55MBS
各ドールの性格づけに拍手。それぞれ、いい味だしてます。
でもTVシリーズの宿命で、どーしても画が荒れるんだろーな~。
MBSでは始まったばっかなんで、これからに期待。

蟲師」(☆☆☆☆☆)
26:50ごろ関西TV
絶対、誰がなんと言っても、現在放映中で最高の出来。
もう、1/3過ぎたけど、ここまでLVを維持できるのが賞賛に値します。
まぁ、激しく動くアニメじゃないので、その分、動画枚数おさえて、演出や美術、レイアウトに力いれられるんでしょーけど。
見事な間とカメラワークで深みのある画面作り(更に見事な音響演出が相まって)は、日本のリミテッドアニメの真髄を見た気がします。(最高峰は出崎&杉野ですが)
もう、制作は終わりつつあるのでしょうが、ほんまに26話頑張って欲しいものです。

銀盤カレイドスコープ」(☆)
27:10TV大阪
お気楽、ふつーな展開の作品。原作は読んでないので、原作の悪口を言う気はありませんが、かわいそーに。
アニメ化商売企画した人達はトリノ人気便乗を狙ったのでしょーが、現実の女子フィギュアの方がよっぽどキャラも展開も話題あるし。
頑張ってはいるのだろーけど、高松信司にしては汚点になりそう。(あ、タカマツシンジは別人か・・・^^;)

灼眼のシャナ」(☆☆☆)
27:25MBS
うーむ、こんな展開、好きです!久々に意識して見る渡部高志だし、きちんと見れそう。
画がときどきヘタれるのは愛嬌。
しかし、ドールマニアだったり変態兄妹だったり、紅世の徒って変な人たち。^^;


エウレカセブン」(☆☆☆☆)
7:00MBS
放送始まる前は軽くみてたけど、放送開始時から、しっかりとした作りで見せてくれます。
まぁ、1年物なので、ときどきアレレな回が入るのは眼をつぶって・・・と。
同じMBSでも、鋼錬のGONZOだから、種(死)のサンライズみたいにはならずに、きちんとまとめてくれることを願ってます。

魔法戦隊マジレンジャー」(☆☆)
7:30ABC
個人的には、宇宙刑事テイストの入った前作デカレンジャーが良かった。
でも、子供のための番組だから、人気の魔法物は仕方ないのね・・・。
てなわりには、バンキュリアの女の子バージョンが、しっかりゴスロリ系なのは、誰の趣味やら。

仮面ライダー響鬼」(☆☆☆)
8:00ABC
果たして、トドロキは復活するのであろうか?
あそこまで言われて、復活した日にゃコメディでしかないから、さすがにそれはないと思いますが・・・。斬鬼さんもね。
しかし、人気取りと視聴率のためには、話が破綻しても何やらかすかわからんからな、この枠は。
それにしても、装甲響鬼のバックパックの二本差しは、最後まで抜かないのだろーか?
最終回だけの一発技か・・・。

***** で、1週間終わり。
いつかは減らさないと死にますな、これは。眠いし・・・。( _ _ ).。o○

| | コメント (0) | トラックバック (0)