よみがえる空 #7「Bright Side of Life(後編)」

■ 2005年8月17日 10:20捜索開始

雷雲の中で墜落したイーグルのパイロット2名の捜索に出動した一宏たち。
しかし風雨による視界不良の中、捜索は難航します。
そんな中でも波間の浮遊物を的確に視認する本郷三佐。
本郷三佐が見る、その先に目を凝らした一宏が見つけた物は、破損したイーグルの垂直尾翼。
見事にOJTで鍛えられてます。

07res1 そして3時間後にはパイロットの1人を発見しますが、既に死亡していました。
ヘリに引き上げられ安置された遺体の、天に伸ばした左腕に腕時計だけが動く姿が痛々しいです。
最期まで、その腕に命を掴みたいと願ったのでしょうか・・・。
その状況に本郷三佐が思い出すのは過去の自分の事故のこと。
人は多かれ少なかれ抱えているものがありますが、その重さに潰されない強さを持つことが本当に生きることですね。

また、病院の安置室で遺体と対面し死顔を見る父親の悲しみは察するに余りあります。
突然の事故で奪われる命。
パイロットや整備ミスによる人為的エラーでなかったのが救いですが、だからこそ現実にはJALJR西日本の体たらく、ましてや悪質な違反で起こす死亡事故(加害者が危険状態に自らを置く行為など過失どころか故意による殺人と断じてもいいぐらいです)など、我が身や家族に被害が及ばない限り、事の重大性を感じ得ない無神経さは愚者の極みです。

話は戻って、夜を徹しての捜索活動が続けられますが、あせる一宏は別の浮遊物を要救助者と見間違ってしまいます。

必死なのは必要ですが、あせる心が余計なミスを生む。

全力を尽くしても、同時にクレバーさを要求することを教え込む本郷三佐のOJTは強く一宏の心に印象づけられたことでしょう。
何百時間の講義より一回の経験の方が、現実の対応力として身に付いていくものです。

07res2 そして夜が明けて天候も回復し視界も戻ってきた中、ライフキットに包まれて波間に浮かぶパイロットを一宏が発見します。

■ 8月18日 07:07分捜索終了

昼夜をかけた捜索の結果、もう一人のパイロットは生きて救助されますが、黙々とした救助活動を見せられているだけなのに、この重厚さは何でしょう。
そこに骨太なドラマが展開されているから、固唾を飲んだまま画面を見せられてしまいます。

そして、遭難者が助かって良かった良かったではなく、更にEDに向けた展開がうまいです。

救難活動が終わり、予定していた職場の宴会で、隊長の乾杯の挨拶で、救助されたパイロットは一命を取り留めたが頚椎損傷で半身不随の可能性もあると聞かされ、黒木の

07kuro 「たとえ歩けなくなっても、目が見えなくなっても、人には何かやれることが必ずあるはず」

という言葉(いい言葉です。何かあると死にたがるやつらに聞かせてやりたいものです。)に何かを感じた一宏は、二次会への移動の間に実家の父親のことを想い電話を掛けます。
前回のお盆休みの帰省のシーンであったとおり、一宏の父親は事故で車椅子の生活をする身体です。

一宏からの電話は不器用に父親のことや実家の酒屋のことを気遣う内容。
併せて、帰省の際に弱気になっていたことから、

「今の仕事を止めて実家を手伝おうか」

と言ったことは冗談だと照れくさそうに取り消します。

07fath それを電話口で聞いていた父親の嬉しそうな顔が良いです。
自分たちのことを心配してくれるのは嬉しいけれど、それよりも自身の思う仕事をしっかりとやってくれていることの方が、親としては何倍も嬉しいという笑顔です。

そして、二次会のカラオケでは、順番が回ってきた本郷三佐が渋い顔で入れた歌が

07hon2ひょっこりひょうたん島

07kazu1 最初は囃し立ててた皆が、訥々と歌う本郷三佐に一瞬静まり返りますが、本郷三佐の想いに、がむしゃらに歌を合わせる一宏に続いて、全員での大合唱が。

0kara3

07kara2

07kara407kazu

 

07kara5

見事です! さすが高山文彦です。

前回からの伏線、構成の妙と、それぞれの心理描写が効いてます。
思わず涙しながら拍手しそうになりました。
まさか、ひょっこりひょうたん島で泣かされるとは思いませんでした。
07megumi
今回は、”めぐみ”ちゃんなんて添え物です。(^^;

それにしても、本郷三佐の歌の相方にco-パイ(副操縦士)の一宏も歌えと一同で囃し立てる様は、さすが自衛隊。見事に体育会系ですね。
そー見ると、なんか一宏って、すっきりしすぎて文科系っぽいんですよね。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

よみがえる空 #6「Bright Side of Life(前編)」

通常のOP代わりの葬式シーンに流れる「ひょっこりひょうたん島」
なかなかシュールな描写です。
EDも本編にかぶせながらスロー調(元からブルースですが ^^;)で入ってきますし、話に合わせて構成を変えるのがよいですね。

hongou1 OPに続いて、北海道では本郷三佐の過去の事故のことが現在の遺族の状況と交えて描かれますが、実は今だに心に抱えたものがあることも判ります。

それでも、現在は誰しも認める超一流のヘリパイロット。
一方、家族を大事にする父親でもあり、夫でもあり、一人の男でもあります。
人間、いろんなことを抱えながらも、地に足の着いたしっかりとした仕事、生活を築く努力(というのも変ですが)をしてるものなんですよね。
自分だけがシンドイわけじゃないんですよ。
そんなところを感じさせないところが年数を経た大人というものですか。
そんな本郷三佐をさりげなく気遣う奥さんの姿もよいです。

さて一方、一宏と”めぐみ”ちゃんの、お盆でそれぞれ帰省した岡山の描写も、本当に生活観ありますね。

一宏の実家は酒屋で、めぐみちゃんの実家は動物病院ですか。
kazu1 一宏の実家は大型店舗に対する個人商店の酒屋の厳しさや、事故で歩けなくなっている父親など、そう楽ではなさそうですが、それでも、訓練の厳しさや仕事の現状に不安を抱えている一宏の「仕事やめて家を手伝おうか」という言葉に、状況は知らねども逆に心配する両親など、本当に地に足が着いてます。

megumi1 ”めぐみ”ちゃんの方は、一宏とのことを妹にからかわれてのじゃれあいなど、穏やかな家庭できちんと育てられたという様子が感じられます。


そんな一宏のことを心配して様子を聞こうとする彼の母親からの突然の電話にあわてる(そらそうですよ:笑)”めぐみ”ちゃんですが、電話が終わって一宏のことを

megumi2 「腰の定まらんやつじゃなぁ~」

と、呟く様は前回の一宏のメールの打ち方に続いてぷぷっでした。(^^

 

そして、お盆休みが終わって洋上訓練でヘリの操作がうまくいかずに、また本郷三佐の叱咤を受ける一宏ですが、まだまだいろいろとメゲて思い悩んでいるようですね。
というより、”めぐみ”ちゃんの言うように、まだまだ仕事に対して腰が据わってないようです。

休み中の岡山での”めぐみ”ちゃんとのドライブの際に、
「訓練とデスクワークだけでなく早く本来の仕事がしたい」と言い、
「災害出動はサイドビジネスで空自の事故の救難が本来の仕事」と言うのは、まだ自分で仕事に区別をつけている証拠ですね。
また、救難の本当の厳しさも実感していないから言える言葉かもしれません。

どんな仕事であれ、状況であれベストを尽くすということが、まだ実感として感じられてないようです。
しかし、ベストを尽くしたからといってベストの結果がついてくるとは限らないのも人生です。

kazu2 飛行訓練中に墜落したイーグルからペイルアウトしたパイロットの救難に出動した次回、一宏は何を経験し感じてくれるのでしょうか。

別に一宏が特段未熟な青年として描かれているのでなく、それが、自身で事故も救難される身も経験し、救難する側の厳しさも経験し、救難パイロットとしての責務を確実に果たす実力を実行している本郷三佐の時間との差ですね。

先達と比べて、今できないからダメなんじゃなくて、これから何を成すのか、できるためにはどうするのかということが大事で、だからこそ先達は次代の人に期待するんですよ。
その年代・役割になってみないとわからないことかもしれませんが、確実に言えることは、楽してては絶対達せませんので、それぞれの年代で経験し実行することの積み重ねが大事ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よみがえる空 #5「必要なこと」

megu1 前回の、あのかわいさはなんだったの?・・・と、思ってしまうような、今回はちと地味でふつーな作画。(笑)
でも、物語は、あいかわらず、いい意味で地道でふつーな描写を丁寧に描いております。
この普通さ、現実感がきちんとした作品なんですよ。

megu 東京では、営業の仕事で自社の本を置いている書店まわりをする”めぐみ”。
そして、少しでも自社の本をお客さんに手に取ってもらうためには、内容もさることながら、きれいな状態の本をお客さまに提供することと、店頭で痛んでいた本のカバーと帯を、本屋の事務所を借りて黙々と交換します。
そういう、自分に今できることを自分で考えて自ら動くことが信用を得るんですよね。

ここのところの”めぐみ”の気持ち、考えをセリフで語らせるのでなく、状況と演技で見せるところがさすがですね。
これがイタイ演出、コンテだったら、
店 主:「なんでそんなことまでするんだね。」
めぐみ:「だって、きれいな本をお客さんに買ってもらいたいじゃないですか。」(にこっ)
店 主:「おお、そうかそうか。がんばりたまへ。」

とか、なっちゃうんですよね。アイタタタ・・・。(^^;

uh1 一方、一宏は渓谷での救出訓練で木々や崖に近づくことを恐れて、指定ポイントにホバリング出来ずじまい。
気持ちはやらなければと思っていても、自分の視認のみで無意識に恐れて、仲間を信じてないから身体が動かないんですね。

ミーティングでの一宏の反省も、淡々とありきたりな精神論を述べるだけで不評を買うのもあたりまえ。
根本原因の分析ができないのは現実対処の訓練がまだまだ足りないからですね。
机上の勉強だけでは身に付かないものですよ。

そんな一宏に「大事なものが欠けている」と叱咤する本郷三佐の言い様も、いちいちもっともで、隊長室で一宏のことを隊長たちと話す姿は、若いもんに期待している大人の余裕ですね。なんかわかる。

そして、「大事なこと」を知るために、メディックの山岳訓練に参加させられる一宏ですが、
意地になって出だしから飛ばしすぎてバテてしまいます。
それも、そのはず。自身の不徳だけでなく、背負わされていたのはビールの山。(笑)
しかし、野営地で、そのビールを飲みながらの宴会での会話は、男のおっさんどうしの下ネタっすにゃ。

翌日、そんな楽しげな状況とはうってかわって厳しい登坂訓練をするメディックの面々に、何かを感じる一宏。
普段の厳しい訓練、仕事の経験が、いざというとき自分を助ける最大の武器なんですよ。

uh2 そして、山中で怪我をしたトレッカーの老夫婦をピックアップするために、出動する本郷三佐のUH。
uh3

前傾姿勢でランディングオフするヘリがいーですね。

現場では、合流しようとする岩場でヘリがホバリングできるのか配する一宏。
更に強まる風雨にしばらく待機した方がいいと進言しますが、メディックのリーダーの久保曹長は、この程度なら大丈夫とピックアップを開始させます。
それに、微塵の揺るぎも見せずに、仲間の誘導どおりにヘリをホバリングさせる本郷三佐。

kazu4 uh5 本当にプロの仕事ですね。
それを見続けていた一宏に「必要なこと」は伝わったでしょうか。

仲間に信頼されることは大事なこと。
そのためには、まず自分が仲間を信じること。そして、命を背負っている、繋いでいることを真に感じること。
そして、それを実現するに足るをつけること。

それにしても、仕事から帰ったみどリへのメールの打ち方には、笑ってしまいましたね。
こんな小じゃれたまねが一宏に出来るとは思わないので、脚本、コンテの勝ちでしょうか。(^^
今日のことを思い出しながら、自信なさげに、画面の下の方にメールを打つ姿が目に浮かぶようです。(笑)

                                                        「俺はまだまだです。」

それにしても、”めぐみ”ちゃん。着メロなんて使ってないのかな~?(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よみがえる空 #2~#4

あまりの話の渋さに選ぶ画もないほどの「よみがえる空」。
選ぶに値しないではなく、全てがそこにある現実のように描かれていくので、ただ作品に見入ってしまいます。
芯のある脚本に加え、画はしっかり描きこまれていて、キャラも浮ついたところもなく、メカニック描写も金属の質感を始めとして、発進準備から出動プロセス、小道具も含めた現場での使われ方と見事です。
新春新番No.1の作品ですね。

同時期に始まった同じバンダイビジュアルとはいえ、タクティカルロアとはえらい違いです。
ましてやタクロアと同じ監督の陰マモなぞ○みたいなもんです。
あの程度の作品しか作れないのに、二作品同時監督など異能の新房昭之みたいな真似するから中途半端なものしか作れない・・・と、これはタクロアの方で書きましょう。

■ #2「困難な仕事」

2kazu1東うるま島の被災地へ負傷したパイロットの代わりに予備兵として出動する一宏。
気合を入れるための本郷三佐の挑発に乗る、まだまだ青いところがよいですね。
被災地では、まずは勇壮な音楽にのって要救助者を収容。・・・生存者が助かるのはほっとしますが、現場はそんな楽観的なことばかりでなく、厳しい現実も待っています。

学校に避難していた人たちを救助するために、他の要員と二人で現場班として残された一宏ですが、そこで喘息の発作を起こしている老人のために、避難するときに家に忘れてきた薬を取りに集落まで走っていきます。
いくら青臭い主人公で、現場の判断とはいえ、本当は勝手に持場を離れることは、判断の訓練ができていないのでは・・・?と、ちょっと思わせますが。
二次被災の危険との兼合いは、ちゃんと判断できたのでしょうね?(笑・・・と笑ってる場合ではありませんが)

更に、無事に薬を取って帰ってこれたのはいいのですが、その家に取り残されていた猫を連れ帰ったことが、次の事故を招いてしまいます。
sakura 助けられた猫を見た少女が、避難するときに置いてきた飼い犬を連れに、皆の気づかぬうちに被災地の集落まで一人で助けに行ってしまったようです。
その結末は、次回で語られることになるのですが・・・。

良かれと思ってやったことでも、その影響、他への関連を大局で判断できないと、思わぬ事態を招いてしまいます。
目の前の課題を解決したい。その行為自体を否定はしないのですが、局所的な対処をしながらも、大局も損なわないようにするには、やはり俯瞰的にものを見る眼、積み重ねた経験が重要なファクターとなるようです。
何か全ての仕事に共通する基本を見るようですね。

■ #3「苦しい仕事」

3sakura 前回、犬を助けに家に戻った少女は、余震による家の倒壊に巻き込まれたようで、崩れた瓦礫の隙間に挟まれていました。
死んでしまったかもしれないという周囲の最悪の予想だけは避けられましたが、家から助け出されたものの、かなり危険な状態の少女をヘリで病院へ緊急搬送することになります。

3uh 風雨の中、ヘリの着地地点の設定、燃料と航続距離の計算とシビアな状況における判断。
そして、容態が急変した少女を助けるためには進むしかないが、燃料切れの危険もある中、海自の”はるな”に緊急着艦して見事に燃料補給して再発進する姿は、まさにプロの仕事を見るようです。

現実においても奇跡と呼べるような状況は起こりえますが、それは積み重ねられた修練とぎりぎりの努力・判断があって生み出されるものです。
ただ、待っているものに奇跡は起こりえません。
しかし、それが全て報われることもないのも、また現実・・・。

ようやく病院のある地点の上空に到着したものの、街は停電で着地地点が判別できない状況。
3uh3 ここで、病院の前に自動車のライトでを並べて着地点の誘導灯を作るというのは、少しできすぎな気がしますが、これで助かっていればけっこう感動的です。(ハリウッドにはよくありそーなパターン)
しかし、ストーリーは更にシビアな展開を突きつけます。
無事、着地して少女を病院に運び込もうとしますが、主人公の目の前で、既に少女の命は・・・。

どんな状況であれ、人が亡くなるのはツライものです。
そのような結果に至らないように、いくらの努力を払っても、そのすべてに人事が及ぶものでもありません。
あのとき、ああしていれば。こうであったならば・・・。

起こってしまった事実に納得を求めようとするのも人間ですが、いくら「たられば」を繰り返しても、失ってしまった時間、起こってしまった事を元に戻すことはできまません。
そこに、故意や過失、ましてや悪意があったれば別ですが、二度と同じ事を起こさないように誓い努力することが、起こってしまったことへの責任の果たし方でしょう。
それは、起こってしまったことを何とも思わないことでも、忘れることでもなく、前に進むためのものですね。

そのためには精神も強くなければなりませんが、一宏は自身の弱さゆえに他にあたり、自身も傷ついてしまいます。
まだまだ若いゆえに、その弱さが見えるところも、これから成長していくところも魅力的なんでしょうね。

■ #4「大切な人」

4megumi 前回のラスト。傷ついたまま、やりきれず恋人のめぐみの声を聞きたいと電話をかけた一宏。
GWの連休にも帰る予定だった実家にも帰らずに小松に留まったままの、そんな一宏のところに直接訪ねてきた”めぐみ”。

物語は、そんな二人のすれ違いを見せます。
一宏の事を心配して小松に来たものの、本当は自分も思い通りの仕事をやれてなかったり、失敗している事を面に出さず、一宏のことを気遣うめぐみ。
そんな、めぐみの気持ちや状況も理解できないまま、仕事のことを楽しそうに話したり、会社からの電話に出る、めぐみの表面的なところだけ見て、いらつく一宏。

東京にもあるようなありきたりのデートコースで、なんとなく時間をつぶしていく中、感情的な言葉をめぐみにぶつける一宏。

4kazu4 「つきおうてやっとる、こっちがアホみたいじゃ!」
「お前、変わったわ・・・」


4kiss そして、自分の傷を慰めるように、いきなり、めぐみにキスをするし、これは現実なら完全にヘタレ男のフラレパターンですが、よかったね、お話の中の出来のいい彼女で。(笑)

めぐみの方は本当の一宏を知っているからこそ、デートの途中ケンカになりながらも、帰りの車の中で、黙ったままの一宏に「自分を抱いたら元の一宏に戻ってくれるか?」と問いかけます。
これにのったら、それこそダメ男でしたが、男性には、どうしようもなく女性の肌のぬくもりを求めたいときがありますよね。
女性もそんな男を体で癒してあげたいと思う気持ちもありますが、ある面、相手の本当の気持ちを確かめようとして言っているところもありますから、簡単に据え膳食ったら「おえん」よ。(笑)

そんな二人の間で思い出されるのは、二人が出会った高校時代。夢を語り合った時間。
そして、自宅マンションで、自分の本心をさらけ出す一宏。
一宏に優しく語りかけるめぐみ。
4man めぐみの話すサリンジャーのライ麦畑の件には泣けましたね。
ただ、人の命を救うことは、反面、人の命を看取ることでもあります。
命の前線に立つ人たちは、優しさを持ちながらも、強い意志を持たないと務まらない仕事ですね。

4kazula 「困難で苦しい仕事」を経験し、「大切な人」との時間を過ごした一宏の顔は、少しだけ大人の男の顔になったようです。
実は、まだまだですが・・・。(^^

救難の脚本を高山文彦、その間のエピソードを水上清資で分担しているようですが、どちらも等身大の人間の感情の動きをきちんと表現していて見事だと思います。
仕事に就いている人には、けっこう、ぐっとくる話です。
全12話できっちり構成してくれていると思いますので、この後も期待できそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)